Victory Road

ギャルのサンプル動画が見放題!

2010-01-05
2010年1回中山1日目

■馬場コメント
芝の馬場差2000m対象の数値はマイナス0秒3だった。中山は暮れから実質的には連続開催ですので、まずはその昨年5回開催初日からの芝の馬場差の推移を説明する。5回開催で変動となっている初日と3日目の内、初日は時計の掛かるコンディションではなかった。
午前3時頃に雨が降った。馬場発表は朝から良馬場で、今開催からCコース使用だが、昨年末よりも時計が掛かったのは雨の影響があったという事だろう。Cコースの初日という事もあって、外を通るとかなり不利だった。そしてこの開催は全てCコースを使用する。
ダート
初日の馬場差1800m対象の数値はプラス1秒2、1200m対象の数値はマイナス0秒1だった。こちらも昨年5回開催初日からの馬場差の推移から。5回前半4日間は1800mも1200mもマイナスの馬場差だったが、後半は一転してプラスの馬場差。1200mはほぼ水準レベルだったものの1800mはかなり時計が掛かっていた。
未明に降った雨の影響で昨年末よりも1800mも1200mも速い時計が出る状態となった。ただ、1800mは依然として時計の掛かる部類。また1800mと1200mで時計の出方が比例しないという点も改めて強調しておく。完璧に差して勝ったという馬は居ないが、力上位の馬が先行策で勝っているというだけだと思う。差せない馬場という訳ではなく、能力差が大きい組み合わせが多かったと思う。
馬場差一覧

■タイム分析
2010-01-05  芝=-0.3 → +3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
5R T2000 エーブチェアマン    牡3 未勝利 2:02.1 -1.1 -0.8   B B
6R T2000 サンテミリオン    牝3 新馬 2:06.1 +2.6 +1.9   S C
9R T1600 ハンソデバンド    牡3 ジュニア 1:34.6 -0.4 -0.2   C D
11R T2000 アクシオン    牡7 中山金杯HG3 2:00.8 +1.3 +1.6   E C
12R T1600 マヤノマヤ    牝4 1000万下 1:34.6 +0.2 +0.4   D C

2010-01-05  ダ=+1.2 → -0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1200 エアティアーモ    牝3 未勝利・牝 1:12.0 -1.0 -0.9   A C
2R D1800 ブレイクチャンス    牡3 未勝利 1:56.8 +1.1 -0.1   C C
3R D1200 マスタールティア    牝3 未勝利 1:13.1 +0.1 +0.2   C C
4R D1800 キャプテンルビー    牡5 500万下 1:55.1 +1.1 -0.1   C E
7R D1200 タマモハーバー    牡4 500万下 1:12.3 +0.4 +0.5   D C
8R D1800 ドリームマイスター    牡5 1000万下 1:55.1 +1.9 +0.7   D C
10R D1200 サマーウインド    牡5 初日の出1600 1:10.1 -0.6 -0.5 B C

         

■ワンポイントアドバイス
内田博幸そしてクラストゥス
昨年のリーディングジョッキー内田博幸騎手はもう初日から4勝、2着2回と好ダッシュ。今年もトップを突っ走りそうだが、4勝2着2回は全て1番人気か2番人気だった。人気を裏切ったケースも3回あったと言ってもまぁ内田騎手が乗ると人気になるので仕方ないが、いずれにしても穴を出す騎手ではない。そこで注目は今更という感じもするが、クラストゥス。昨年9週間の騎乗で3回も単勝最高配当騎手になったが、初日も最終レースで単勝3250円、5Rも9番人気を3着に持ってきた。騎乗4回だったが2回も穴をあけた。ちなみに来日以来9勝だが、その内4勝が単勝30倍以上。とりあえず、穴を取りたければクラストゥスで良いと思う。

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。