Victory Road

アダルト動画

2010-01-09
2010年1回京都2日目

■馬場コメント
芝の馬場差2000m対象の数値は土曜・日曜・月曜いずれもプラスマイナスゼロだった。まずは初日を含め4日間の馬場差を見ると、初日は雨の影響もあって、やや時計は掛かっているが、この3日間開催は全く馬場差は同じだった。
雨の影響があった初日より速くなって水準の馬場状態になった。こうなって見ると初日は雨の影響が結構残っていたという事になる。後から天候と馬場状態だけを見ると、初日と先週の3日間で0秒5も馬場差があった様には思えないので、これはちょっとよく覚えておきたい。そして昨年の1回京都の前半は内を通らないとアウトという芝だったが、今開催は馬場の中程を通る差し馬にも不利はなかった。
ダート
1800m対象の馬場差は3日間ともにマイナス0秒1だった。ここまで4日間の馬場差を見ると、初日はマイナス0秒5とやや時計は出やすいコンディションだったが、2日目以降はほぼ水準レベルで同じ馬場差だった。
雨の影響があった初日よりは時計が掛かった。芝と同じように初日と2日目以降ではそれなりに馬場差があったという事をよく覚えておきたい。決まり手は多彩だが、1800mでは3コーナー手前から一気に前へ並んで行った馬の好走が多かった。と言ってもそれがイコール馬場の傾向だという事ではない。
馬場差一覧

■タイム分析
2010-01-09  芝=±0 → +1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
5R T1600 サウンドバリアー    牝3 未勝利・牝 1:35.3 -0.2   C A
9R T2000 レーヴドリアン    牡3 福寿草特500 2:01.1 -0.2   C B
10R T2200 フィニステール    牡6 許波多H1000 2:14.6 +1.5   C C
11R T1400 オースミスパーク    牡5 新春SH1600 1:21.5 +0.7   D D

2010-01-09  ダ=-0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1200 メイショウナナボシ    牝3 未勝利 1:13.6 +0.6   E C
2R D1800 ロングカムイ    牡3 未勝利 1:54.8 +0.5   C C
3R D1400 エリモエポナ    牝3 未勝利 1:25.4 -0.5 B B
4R D1800 ロングロウ    牡3 新馬 1:56.0 +1.3   C C
6R D1800 シャーペンエッジ    牝4 500万下・牝 1:52.1 -0.5   B C
7R D1200 ハードリレー    牡6 500万下 1:11.7 -0.2   C D
8R D1900 ピースキーパー    牡5 500万下 2:00.6 +1.4   D D
12R D1200 スリーアリスト    牡5 1000万下 1:11.1 -0.2   C B

         

■ワンポイントアドバイス
クラスの壁が低くなった
京都に限った話じゃないが、月曜京都9R1000万下を勝ったレジェンドブルーは500万下に出走できる馬で、今回は格上挑戦だった。昨年秋以降芝の500万に出走するよりも芝の1000万下に出走する方が楽という状況が続いている。芝の500万クラスのレース数に比べて、芝の1000万クラスのレースが妙に多いというのがその原因の1つだが、そのためやむを得ず1000万下に格上挑戦した馬が勝ってしまうというケースが目立っている。昨年11月以降のおよそ2ヶ月でもう6勝している。2006年の夏に現在のクラス分けシステムになってから、基本的に勝った馬はどんどん上のクラスに上がっていく様になっている。その結果古馬の各クラスは以前より確実にレベルは低下している。言葉は悪いが何かの間違えで勝ってしまったという馬が、そのまま上のクラスに上がって行ってしまう。という事で、以前よりクラスとクラスの壁というのが低くなっている。昇級初戦で通用しやすいのはもちろんだが、下のクラスで負けている様な馬でも条件さえ合えば勝ってしまう。以前そのクラスで好走実績がある様な馬でも、格上挑戦という形になっていると1番人気にはなりにくいですから、積極的に狙って良いと思う。ちなみに格上挑戦の場合は、勝っても昇級しない場合がある。マヤノマヤ・レジェンドブルーは次走も1000万下に出走できるが、今度勝って同条件というそれだけの理由で人気になる様なら疑う必要はあると思う。ちなみにムクドクは格上挑戦で1000万下を勝って、次走再度1000万下に出走したが、今度は12着だった。

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。