Victory Road

DMM.make DISPLAY

2010-01-23
2010年1回中山7日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにプラスマイナスゼロだった。まずはこの開催の馬場差を振り返っておくと、マイナス0秒4からプラスマイナスゼロの間で大きな変化はなかったが、前半4日間に比べると後半4日間は少し掛かっていた。
内が茶色くなっている部分がさらに目立つ様になって、3週目よりプラス方向に動いた。昨年12月の5回中山3週目から雨の影響を受けた今開催の初日を除くと、見事に少しずつ時計が掛かるようになって来ている。内側の芝が薄くなっているので、外の差しも届くが、内を通ると伸びないという程ではない。
ダート
先週の馬場差1800m対象の数値は土日ともプラス1秒4。1200m対象の数値は土日ともプラス0秒2だった。ダートもこの開催の馬場差を振り返っておく。1800mは全てプラス1秒台だったが、時計が掛かるなりに大きな変化はなかった。一方1200mは水準前後で、こちらも安定している。
馬場差一覧

■タイム分析
2010-01-23  芝=±0 → +3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
5R T2000 ナイスオペラ    牡3 未勝利 2:04.0 +0.8 +0.3   C C
6R T1600 フィールマイハート    牝3 新馬 1:39.7 +3.2 +2.5   S C
9R T1600 イイデサンドラ    牝3 菜の花賞500 1:36.2 +0.7 +0.4   D C
10R T1800 キングスパーク    牡5 東雲賞H1000 1:49.8 +1.9 +1.3   E D

2010-01-23  ダ=+1.4 → +0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1200 キサキタ    牡3 未勝利 1:14.0 +1.0 +0.8   E D
2R D1800 ニシノキュアノス    牝3 未勝利・牝 1:58.2 +2.5 +1.1   E D
3R D1800 スーブルソー    牡3 未勝利 1:57.4 +1.7 +0.3   C C
7R D1800 マエストラーレ    牝4 500万下・牝 1:55.9 +1.9 +0.5   D E
8R D1200 トムアウトランダー    牡5 500万下 1:12.0 +0.1 -0.1   C C
11R D1800 マイディアサン    牡6 アレキサ1600 1:53.0 +0.6 -0.8   B C
12R D1200 ドスライス    牡4 1000万下 1:11.9 +0.6 +0.4   D C

         

■ワンポイントアドバイス
母の父トニービン
先週土曜の10R12番人気で2着に入ったゴールデンミシエロは母の父がトニービン。そのほかにもこの冬の中山芝では母の父トニービンが人気薄で好走するケースが目立った。トニービン産駒のG1、13勝中11勝は東京芝で、東京以外でG1を勝ったベガとノースフライトはこちらも東京芝ではG1を勝っている。と言うぐらいトニービン産駒は徹底して東京向きだったが、母の父に入ると傾向が変わる。父トニービンと母の父トニービンの東京芝と中山芝の成績を表にすると一目瞭然。特に注目したいのは回収率だが、父トニービンは中山での回収率が非常に低かった。すなわち人気薄では好走を望めなかったが、母の父トニービンは中山での回収率が高い。すなわち人気薄での好走が多い。母の父トニービンという馬は東京では買えないという事ではなくて、中山芝で穴を開ける事が多いという事。

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。