Victory Road

巨乳のサンプル動画が見放題!

2010-01-24
2010年1回中京2日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス0秒1だった。中京は昨年の4回開催が6日間の日程で12月に行われた。その4回開催最終週から中3週でこの1回開催を迎えているので、暮れの馬場差を振り返っておく。初日がマイナス0秒9で、最終日がマイナス0秒7。速い時計の出るコンディションでほとんど時計の出方に変化はなかった。なお、この開催は全てAコースが使用される。
時計が掛かっていた事も別として、昨年末の開催後半でもう外は伸びていた。そこからおよそ1ヶ月空いただけで引き続きAコース使用だった。中間洋芝を追いまきして、さらにシートをかぶせて養生したという事だが、真冬に短期間で生えそろうはずがなくて、実際見た目にも内側がまだらな状態だった。形式上は開幕週だったが、実際にはいわゆる開幕週の芝ではなかった。昨年末よりもさらに時計も掛かっているので、時計比較の際には注意が必要。
ダート
先週の馬場差1700m対象の数値は土日ともプラス0秒3だった。こちらもまずは昨年4回開催の馬場差を振り返っておくと、1週目特に初日は雨の影響で速い時計の出やすいコンディションだったが、2週目以降は水準レベルで大きな変動はなかった。
凍結防止剤が入ったが、昨年末の良馬場の時とほぼ同じ馬場差だった。1700mでは逃げ切りが少なくて、向正面から上がって行って3コーナーで前に取り付いていた馬の好走が目立つが、これはいつもの中京ダート1700mの傾向。
馬場差一覧

■タイム分析
2010-01-24  芝=-0.1 → +1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
5R T1200 アンシェルブルー    牝3 未勝利 1:09.5 -0.5   B C
6R T2000 サンライズプリンス    牡3 新馬 2:02.1 -0.4 C C
9R T2500 トパンガ    牡4 500万下 2:33.7 -0.5   B D
10R T1200 サンマルヘイロー    牡4 豊橋特別500 1:09.7 +0.6   E D
11R T1800 エアシャトゥーシュ    牡5 名鉄杯H1600 1:47.2 +0.7   D C

2010-01-24  ダ=+0.3 → +99
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1700 ウインブシドウ    牡3 未勝利 1:49.1 +1.5   E C
2R D1000 タムロガッツ    牡3 未勝利 1:00.7 +0.4   C E
3R D1700 テーオーエンジェル    牝5 500万下・牝 1:47.2 +1.3   E D
4R D2300 オーシャンクルーズ    牡6 500万下 2:28.8 +1.2   D E
7R D1700 トーホウアレス    牡4 500万下・若 1:45.9 ±0   C D
8R D1000 コウエイフラッシュ    牡4 500万下 0:59.3 ±0   C C
12R D1700 レッドボルサリーノ    牡4 大須特別1000 1:45.9 +0.8   D C

         

■ワンポイントアドバイス
開幕週ではない
先週の中京は1回中京1週目だが、いわゆる開幕週ではなかった。昨年末の開催では全てAコース使用で、真冬に1ヶ月開けただけで再びAコース使用。この開催の1週目からある程度は外差しが効くはずだと昨年最後の放送で言った。が、それでも開幕週なので前に行ける馬を注目という様なのを見かけた。それでも予想通りと言うかなんと言うか、初日から時計が掛かっていて、外からの差しも決まっていた。この開催はこの後4週目までAコース使用。3週目辺りからは完全な外差しの馬場になるだろうと推測できる。後から振り返って、開幕週に差して勝っているという事を必要以上に過大評価しない事も重要。

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。