Victory Road

DMM.make DISPLAY

2010-01-24
2010年1回京都8日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともプラス0秒2だった。まずは8日間の馬場差を振り返っておくと、初日は良馬場発表ながら雨の影響が残って、やや時計は掛かったが、2日目以降はプラスマイナスゼロからプラス0秒2の間でほとんど変化はなかった。なお、京都は連続開催となり、今週からの2回開催ではBコースが使用される。
雨の影響があった初日を除くと、こちらも中山と同様に開催が進むにつれて少しずつ時計が掛かって来たという非常に自然な状態。内を通った馬も粘るが、外に出しても伸びるという公平な馬場状態。
ダート
先週の馬場差1800m対象の数値は土日ともにプラス0秒4だった。ここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、初日はダートも良馬場発表ながら雨の影響が残り、こちらはやや脚抜きの良いコンディション。その後水準レベルだったが、先週は3週目までと比べ、やや掛かっていた。
先週時計が掛かる様になったが、なぜ時計が掛かる様になったかという明確な原因を断言する事はできない。が、事実として時計が掛かったと。その様にご理解ください。
馬場差一覧

■タイム分析
2010-01-24  芝=+0.2 → +1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
5R T2200 ロードオブザリング    牡3 未勝利 2:15.9 +0.3 -0.9   A C
6R T1600 ヴィクトリーマーチ    牝3 新馬 1:37.3 +1.5 +0.4   D C
9R T2400 キタサンアミーゴ    牡4 睦月賞1000 2:27.1 +1.0 +0.1   C C
10R T1200 マチカネハヤテ    牝5 伏見S1600 1:08.7 +0.4 +0.3   D C

2010-01-24  ダ=+0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1200 ナイトオブザオペラ    牝3 未勝利 1:13.9 +0.9 +0.6   D C
2R D1800 サンマルボス    牡3 未勝利 1:55.1 +0.8 +0.4   D D
3R D1400 エーシンリバティー    牝3 新馬 1:27.1 +1.0 +0.7   D C
7R D1400 ハニーメロンチャン    牝3 500万下・牝 1:25.3 +0.2 -0.1   C C
8R D1900 マーリンシチー    牡4 500万下 2:01.2 +2.0 +1.2   S D
11R D1800 ロールオブザダイス    牡5 平安SG3 1:51.1 +0.9 +0.5   D D
12R D1200 テイエムクレナイ    牝5 1000万下 1:11.6 +0.3 ±0   C E

         

■ワンポイントアドバイス
しつこく遡って振り返る
まず先週土曜の7Rを勝ったサンライズスカイの前走だが、1/11の京都7R。タイムランクBのレースで3着だった。その当時の1着馬ロードニュースターは先週土曜の9Rを勝った。そして当時の2着馬トパンガは先週日曜の中京9Rを勝った。そして当時の4着馬リアルプリンスはその後まだ出走していないが、リアルプリンスのもう一つ前のレース、これは昨年12/12の中京12R。揖斐川特別で3着だった。揖斐川特別はメンバーランクAとしてこの番組でも取り上げた。当時2着のネオレボルーションは次走2着、4着インテンスブルーは次走1着。5着ハギノバロンドールも次走3着と上位馬は軒並み次走で馬券の対象になっているが、リアルプリンスだけは次走4着と馬券の圏外になってしまった。しかし今となってはその次走、つまり1/11の京都7Rがかなりハイレベルだったと。そのために4着止まりだったという事になる。今からでもリアルプリンスを注目馬としたいところだが、この番組は“先週の結果分析”だが、先週に限らずしつこく遡って調べるという事も重要。
若駒Sの1着馬ヒルノダムール、これは前走ラジオNIKKEI杯2歳S4着だった。若駒S3着のエクセルサスも同じラジオNIKKEI杯で6着だった。ちなみにラジオNIKKEI杯の5着は次走京成杯2着のアドマイヤテンクウ。かなりハイレベルだったと言える。ラジオNIKKEI杯2歳Sの上位3頭はその後まだ出走していないが、今後も注目大。

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。