Victory Road

ギャルのサンプル動画が見放題!

2010-02-14
2010年1回中京8日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日共にプラス0秒9だった。まずは8日間の芝の馬場差を振り返っておくと、開幕週は土日ともマイナス0秒1、その後週が進むにつれ、基本的には掛かっていくというわかりやすい推移だった。
土日とも良馬場発表ではあるが、時計が掛かった。最終週、そして雨の影響が残った事が要因。前回中京の芝については外差し馬場の次となるどこを通っても同じという荒れ馬場があるのか、つまりファイナルステージはあるのかという予告みたいな事を言ったが、やはり時計が掛かるコンディションになった事で逆にスタミナのある逃げ・先行馬が復活した様な連対脚質の傾向だった。特に日曜日。馬場差は土曜と同じだが、やはり傷みが進行したと推測している。そしてコース取りについてだが、内2頭分くらいを回って来た馬が3週目の約2.5倍にまでふくれあがった。かと言って大外が来ない訳でもなく、つまり中途半端なコース取りよりは内か外かハッキリした方が良かった訳で、これはジョッキー心理も影響したと考えられる。思い切った逃げであるとか、一気のマクりとかが目につく最終週だった。
ダート
先週の馬場差1700m対象の数値は土曜日がマイナス1秒2、日曜日がマイナス0秒9だった。こちらもまずは8日間の馬場差を振り返っておくと、6日目までは水準前後で大きな変化はなかったが、先週はそれまでとは異なるレベルになった。
土曜日の重から稍重発表とワンランク回復した日曜でさえ、速い時計が出る馬場だった。脚抜きが良く、前残りが目立つ最終週だった。時計勝負がつらい差し馬タイプというのは単純に12秒台のラップが続くだけでも音を上げる事になる訳で、上位馬の強さがさらに際だつような大味なレースもあった。ただ、その状況に抵抗する意味でも積極的な大マクりを打つ馬がいたりして、後方からの連対馬がなかった訳でもなく、中京らしい乱戦が多かったという印象。
馬場差一覧

■タイム分析
2010-02-14  芝=+0.9 → +1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
5R T1200 エナジーハート    牝3 未勝利 1:10.1 +0.1 -0.4   B C
6R T1800 シゲルハスラット    牡5 500万下・若 1:48.7 +0.8 ±0   C C
7R T2000 コンベンション    牡5 500万下 2:02.5 +1.9 +1.0   E C
9R T1200 キュートシルフ    牝4 500万下 1:09.9 +0.8 +0.3   D C
10R T1800 プリティダンス    牝6 岡崎特別500 1:49.7 +1.8 +1.0   E D
12R T2000 レインフォーレスト    牡4 尾頭橋特1000 2:01.6 +1.7 +0.2   C C

2010-02-14  ダ=-0.9 → +99
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1700 パミーナ    牝3 未勝利・牝 1:48.2 +0.6 +1.5   E D
2R D1700 ヤマニンフリスキー    牡3 未勝利 1:47.9 +0.3 +1.2   E D
3R D1000 カウンセラー    牡5 500万下 0:58.5 -0.8 -0.3   B C
4R D1700 レイオス    牡3 新馬 1:48.9 +1.0 +1.9   E D
8R D2300 エアペイシェンス    牡4 500万下 2:26.3 -1.3 -0.1   C D
11R D1700 トーホウオルビス    牡5 遠州灘H1600 1:43.4 -0.9 ±0   C B

         

■ワンポイントアドバイス
先週は軽いダート
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。