Victory Road

アダルト 期間限定セール(毎週作品更新)

2010-02-20
2010年2回京都7日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜日がプラス0秒6、日曜日がプラス0秒5だった。まずはここまで8日間を振り返っておくと、マイナスの馬場差になった事はなく、流石に冬場の連続開催後半らしいコンディションだった。とは言え、プラス1秒台になった事はなく、大きく時計を要したという日もなかった。また、開催日によってややバラつきがあるものは雨の影響がどの程度だったかと関係している。
3週目に比べれば、先週の方がいくらかでも時計が出やすかったのは、正に雨の影響度合いによるもの。土日で比較しても日曜の方が乾いて、0秒1分ではあるが、水準方向に近づいた。また、荒れてはいるものの、外差しが有利という事はなかった。
ダート
先週の馬場差1800m対象の数値は土曜日が変動、日曜日がプラス0秒1だった。まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、5日目のマイナス0秒7が目につく。この日は脚抜きが良く、比較的速い時計の出るコンディション。それ以外の日は水準前後だった。
土曜日は稍重でスタートした様に、幾分雨の影響が残っていた。ただ12R時にはそれまでのレースに比べて乾いており、同じ馬場差を当てはめる事ができず、変動とした。ちなみに8Rまではマイナス0秒2。
また、土曜日は有力馬に先行馬のやや後ろにつけるタイプが多かった事もあって、好位組が多かった訳だが、日曜日には中団・後方の差し馬も上位に来ていた。
馬場差一覧

■タイム分析
2010-02-20  芝=+0.6 → +2.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
5R T1600 ジョーヴァリアント    牡3 未勝利 1:36.2 +0.7 +0.2   C B
9R T1600 オウケンサクラ    牝3 こぶし賞500 1:35.3 +0.5 ±0   C B
10R T2000 マイネルアトレ    牡5 東山特別1000 2:02.2 +2.4 +0.8   D C
11R T2200 ブエナビスタ    牝4 京都記念G2 2:14.4 +2.7 +1.1   S B

2010-02-20  ダ=変動
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1800 アドマイヤマリン    牝3 未勝利・牝 1:54.1 -0.2 ±0   C D
2R D1200 ナムラナイト    牡3 未勝利 1:13.3 +0.3 +0.4   D D
3R D1800 ナムラアレグロ    牡3 未勝利 1:54.3 ±0 +0.2   C C
4R D1400 ルロワ    牡3 新馬 1:27.2 +1.1 +1.3   E D
6R D1400 ケイアイデイジー    牝3 500万下・牝 1:25.6 +0.5 +0.7   D C
7R D1800 サクラキングオー    牡4 500万下 1:52.7 +0.1 +0.3   C C
8R D1200 ネオフリーダム    牡5 500万下 1:11.7 -0.2 -0.1   C C
12R D1400 ティアップワイルド    牡4 1000万下 1:24.5 +0.7 +0.7   D B

         

■ワンポイントアドバイス
サクラプレジデントはバイスプレジデントか
バイスプレジデントというのは副大統領の事。バイスというのには副とか代理とか次という意味があるらしい。要するにナンバーツーという事。で、今年のサクラプレジデント産駒は2着は多い訳です。先週までで述べ38頭が出走し、1着はイイデサンドラの1回だけだか、2着は6回ある。特に芝を見ると勝率が4.3%なのに、連対率は26.1%もある。ちなみにサクラプレジデント産駒がデビューして以降のトータルの率ではこれほど極端な数値にはなっていない。2開催が終わっただけでたまたまかもしれませんし、年末までこんな傾向が続くとは思えないが、先ほど芝のBランクで取り上げ、注目馬にも挙げたサクラティアモも今年に入って2着が2回。ともかく、現時点では今年の傾向も踏まえ、単勝は買えないけれども、軸馬としては信頼できるレベルにはある。トピックス的なまとめになってしまったが、冬場の開催で気になっていたので、取り上げてみた。サクラプレジデント自身、現役時代1着も4回、2着も4回だが朝日杯FSや皐月賞の2着の方が印象に残っている。産駒は今後1着の回数も増やしてほしいもの。

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。