Victory Road

アダルト 期間限定セール(毎週作品更新)

2010-02-28
2010年1回阪神2日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜日がプラス0秒4、日曜日がプラス0秒9だった。
先週は開幕週だけに芝そのものは密に生えそろった状態で、馬場そのものは良かったと思う。ただ、先週は金曜朝から夜にかけて雨が降った。そして土曜の日中は一旦あがったが、夜になるとまたまたまとまった雨が降ったという事で、その影響で馬場状態は大幅に悪化した。土曜は良馬場発表でも実質は道悪だったと考えて良いと思う。日曜はさらに悪化して9Rまで稍重の発表だった。実際時計の出方も土曜よりさらに掛かった。また、脚質的には前に行った馬が失速するレースが多かった。ただ、差し馬だけが来てるかと言う事ではなくて、結構混在している感じで、総合的に好位追走組の活躍が目立った。最近の阪神競馬の開幕週の傾向は決して先行有利ではなく、流れさえ速ければ好位差しもしくは差し馬でも十分間に合う状況。いわゆる新コースになりたての時は、前残りの競馬が多かったので、そのイメージを強く持っている人も未だにいると思うが、最近はペースが速まるレースが多いので、そのイメージは全く当てはまらない。ですから、開幕週イコール先行有利という先入観は捨てた方が良いと思う。なお、この開催は全てAコースが使用される。
ダート
先週の馬場差1800m対象の数値は土曜日がマイナス1秒0、日曜日がマイナス0秒5だった。
ダートも雨の影響を受けた。馬場発表は土日とも重だが、より時計が出やすかったのは土曜の方。ただ、先週は雨が降って砂が締まった分、時計の出方は速かったが、何か砂質そのものは重そうなイメージ。ですから、今週良馬場で行われる様なら一転して時計が掛かる可能性はあると思う。脚質的には差し馬の活躍が目立った。特に競り合った感じではない様な競馬でも差し馬が届いていたのは印象的だった。もちろん締まった馬場で行われた事もその要因だとは考えられるが、仮に今週良馬場になったとしても先に行われた京都開催よりは差しが届くと見て良いと思う。最後の坂と阪神特有の直線の向かい風は先行馬にとっては驚異になりそう。
馬場差一覧

■タイム分析
2010-02-28  芝=+0.9 → +1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
3R T1800 シャイニーナイト    牡3 未勝利 1:49.7 +1.1 +0.3   C B
5R T1800 スティルゴールド    牡3 新馬 1:50.8 +1.9 +0.1   C C
8R T1400 ケンブリッジエル    牡4 1000万下 1:22.4 +0.9 +0.3   D C
9R T2200 レッドスパークル    牡3 すみれS 2:18.2 +4.1 +1.9   S D
11R T1400 エーシンフォワード    牡5 阪急杯G3 1:21.4 +0.9 +0.3   D C

2010-02-28  ダ=-0.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1200 ワイキキブリーズ    牝3 未勝利・牝 1:12.8 -0.5 -0.2   C D
2R D1800 メイショウエバモア    牡3 未勝利 1:54.7 ±0 +0.5   D C
6R D1200 ナイトオブザオペラ    牝3 500万下 1:11.8 -0.8 -0.5   B C
7R D1800 キングオブヘイロー    牡4 500万下 1:52.8 -0.3 +0.2   C D
10R D1200 マルカベンチャー    牡4 なにわS1600 1:11.4 +0.3 +0.6   D D
12R D1800 ピエナポパイ    牡5 1000万下 1:52.9 +0.6 +0.5   D C

         

■ワンポイントアドバイス
直線の向かい風注意
先週は土曜は風が強くて日曜は微風程度だった。結果差し馬が活躍したのは、どちらかと言うと土曜の方かなと。というのも阪神は直線が向かい風。その影響もあって先行馬が失速するケースが目立った。特に下級条件のダート戦はその傾向が顕著で、馬力のない先行馬は強風にあおられて失速してしまう場面があった。風の強さはテレビ画面を通して伝わって来ると思うので、わがままを言って申し訳ないがカメラマンの方にもそういうカットを時折入れてくれれば、参考になるんじゃないかなと思う。

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。