Victory Road

アダルト動画

2010-03-13
2010年2回中山5日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス0秒3、日曜がマイナス0秒2だった。まずはここまでの馬場差を振り返っておくと、前半4日間は雨の影響を強く受け、かなり時計の掛かる馬場。特に2日目は年間を通じて最も掛かるレベルだった。3日目・4日目も道悪で、1日の中でも時計の出方が変わったので変動としている。
速い時計が出ていたが、速いと言っても高速馬場という訳ではなかった。確かに前2週と比べると雲泥の差だった。土曜日は稍重でスタートした様に、雨の影響は残っていたがプラス0秒3なので水準より若干掛かる程度だった。この馬場差は1日を通した数値。日曜日は乾いてこの開催初めてマイナスゾーンになった。連対馬の脚質については位置取り・コース取り共に特に偏りは見られなかった。
ダート
先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス1秒1、日曜がプラス0秒5。そして1200m対象の数値は土曜がプラスマイナスゼロ、日曜がマイナス0秒1だった。まずはここまで6日間の馬場差を振り返っておくと、1800m戦は前半4日間が雨の影響で脚抜きの良いコンディションだったが、先週はプラスの馬場差。1200m戦については、1800m戦ほどではないものの、前半4日間と比較すれば時計は掛かっていた。
まず1800m戦については特に土曜日に時計が掛かっていた。稍重でスタートした様に前半2週ほど水分を含んでいないとしても、乾いた馬場ではなかったはずだが、それでもこれだけ掛かっている訳ですから風の影響が結構強かったためだろうと思われる。直線でいわゆるフォローの風となっていた事も7鞍中6鞍で逃げ馬が連対した事と関連があると思われる。なお、土曜は途中で良に変更されたが、馬場差は1日を通した数値。1200m戦は土日で馬場差にほとんど変化はなかった。6日間を通しても1800m戦ほどに馬場差のブレは大きくない。
馬場差一覧

■タイム分析
2010-03-13  芝=+0.3 → +1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
5R T2000 フェイルノート    牡3 未勝利 2:03.7 +0.6 -0.6   B C
7R T1200 ダイワナイト    牡3 500万下 1:09.9 +0.5 +0.3   D D
9R T2000 クレスコワールド    牡6 館山特別1000 2:02.0 +1.1 +0.1   C C
10R T2500 トリビュートソング    牡5 サンシH1600 2:34.0 +0.2 -0.2   C B
11R T1600 ギンザボナンザ    牝3 アネモネ 1:35.6 +0.8 +0.6   D E

2010-03-13  ダ=+1.1 → ±0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1200 テンエイエスプリ    牡3 未勝利 1:13.2 +0.3 +0.3   D D
2R D1800 ピカンチラヴ    牝3 未勝利・牝 1:57.1 +1.5 +0.4   D D
3R D1200 エビデンス    牡3 未勝利 1:14.2 +1.3 +1.3   E D
4R D1800 パラダイムシフト    牡3 未勝利 1:55.9 +0.3 -0.8   B D
6R D1800 ルナーレガシー    牡3 新馬 1:59.2 +3.3 +2.2   E D
8R D1800 メジロフローラ    牝5 500万下・牝 1:56.6 +2.6 +1.5   E D
12R D1200 ランブルジャンヌ    牝5 500万下 1:11.8 -0.1 -0.1   C D

         

■ワンポイントアドバイス
コンディション激変
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。