Victory Road

アダルト 期間限定セール(毎週作品更新)

2010-03-28
2010年3回中山2日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス0秒8、日曜がプラス0秒9だった。連続開催ですので、まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、前開催2週目は雨の影響でかなり時計のかかるコンディション。その後水準レベルで推移していたが、先週は雨の影響が残って、再びプラスの数値となった。
水曜・木曜と合計50mmを超える雨が降った。さらに金曜からも気温が上がらず、芝の乾きが遅れるとともに、低温の影響からこの時期に例年は2cmから3cm伸びる芝の成育が1cmから2cmと鈍っている。土日ともに標準よりかなり時計を要し、日曜は使用が進んだ分、土曜よりもさらに0秒1掛かっていた。土曜は途中で馬場発表が変更されたが、数値は1日を通したモノ。また、脚質的な偏りは特になかった。今週から最終週までBコース使用となる。
ダート
先週の馬場差1800m対象の数値は土曜日がマイナス1秒2、日曜日がプラス0秒3。1200m対象の数値は土曜がマイナス0秒9、日曜がマイナス0秒5だった。まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、前開催2週目は脚抜きの良いコンディションだった。その後は特に1800m対象の数値で、土日で時計の出方が異なっている。これは雨や風の影響度の違い。
土曜日、馬場発表は重だったが、朝は不良に近い状態だった。水が浮くほどではありませんが、芝同様低温で乾きが遅れた。1800m・1200mともに標準より相当速い馬場差。日曜は流石に乾きが進んだ事に加えて、前2週ほどではないにしても強い北風が吹いた。直線がアゲインストなので全体に上がりが掛かり、1800mはプラスの数値。1200mは直線部分が1回なので標準よりはかなり速いが、それでも土曜よりは掛かっている。脚質的には脚抜きの良い土曜、時計を要した日曜とも差し馬の台頭が目についた。
馬場差一覧

■タイム分析
2010-03-28  芝=+0.9 → +1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
3R T1800 トレノエンジェル    牝3 未勝利・牝 1:51.1 +1.3 +0.2   C C
5R T2000 トモロマイスター    牡3 未勝利 2:04.8 +1.7 +0.5   E D
8R T1600 シーダー    牡4 500万下 1:35.5 +0.5 -0.2 C C
9R T1800 ヒシセンチュリー    牡4 千葉日報1000 1:50.8 +2.9 +1.3   S C
10R T2000 ケイアイドウソジン    牡4 常総S1600 2:02.1 +1.9 +1.0   E D

2010-03-28  ダ=+0.3 → -0.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1200 ウイニングタワー    牡3 未勝利 1:13.0 +0.1 +0.6   D E
2R D1800 アサクサマリンバ    牡3 未勝利 1:57.0 +1.4 +1.1   E D
6R D1200 スリーボストン    牡3 500万下 1:11.5 -0.7 -0.2   C D
7R D1800 テイクバイストーム    牝5 500万下・牝 1:55.6 +1.6 +1.3   E D
11R D1800 マコトスパルビエロ    牡6 マーチSHG3 1:51.7 +0.1 -0.2   C C
12R D1200 コリコパット    牡4 1000万下 1:10.6 -0.7 -0.2   C C

         

■ワンポイントアドバイス
戸崎騎手が日曜に3勝
大井の戸崎圭太騎手が今週土日ともに中山で騎乗。特に日曜は高松宮記念に横山典弘・柴田善臣・田中勝春・吉田豊・勝浦正樹騎手などが遠征した事もあって、3勝を記録した。これで今年は通算6勝、3月末で6勝ですから単純に年を掛けても2年連続で20勝を超える事になる。第二の内田博幸騎手に一歩近づいた事になるが、気になったのが戸崎騎手の日曜参戦のために大井から遠征してきたワンダフルクルーズが6Rで骨折、競走中止・予後不良となった事。以前内田博幸騎手が同じ境遇だった頃、こうしたケースでの中央での遠征はもちろん勝ち負けを意識する馬もいるが、能力的には明らかに劣り、馬に負担をかけることも多いと語っていた。馬を連れてこなくても騎乗できる様な改善策はないものだろうか。

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。