Victory Road

アダルト 期間限定セール(毎週作品更新)

2010-03-28
2010年2回中京8日目

■馬場コメント
2回中京は開催を終了した。この後改修工事に入るため今年の開催も終了した。先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜日がプラス0秒6、日曜日がプラス0秒7だった。まずはここまで8日間の芝の馬場差を振り返っておく。中京開催は冬場としては芝のレースが多く組まれている上、昨年の暮れ・今年1回そしてこの開催と短い期間で多く行われた。さらに雨や風の影響を受けて、8日間とも馬場差はプラスだった。また開催が進むほどに時計が掛かったというのではない。雨や風の影響度合いにより、開催日によって時計の掛かり方は異なるので注意。
土曜はダートが重で始まったが、芝は良馬場だった。ただし火曜から木曜にかけて50mmを超す雨が降っており、パンパンの状態ではない。通常よりも開催日数の多い中の最終週、流石に内は荒れて来ているが、先週も週初めに芝を刈り、ローラーを入れたことから土曜は内の馬が大健闘した。ただしこれは先々週も同じで、その先々週が日曜日は外伸びになった事から、高松宮記念の行われる日曜日は外有利になると思われたが、意外にも内の馬の活躍が目立った。もちろん中距離と1200mは若干傾向が異なるが、1200mの場合内が悪いと各騎手の意識が強いことから通るコースを模索している分、前半のペースが上がらないことも原因ではないだろうか。逃げ馬が活躍したのもこの理由と無関係ではないと思う。
ダート
先週の馬場差1700m対象の数値は土曜日がマイナス0秒2、日曜日がマイナス0秒1だった。まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、1週目は雨の影響で脚抜きの良いコンディション。2週目以降開催日によって数値は異なるものの、大きな変化はない。なお3週目は1000mと1700mで時計の出方が比例しないため、数値を分けて発表した。
雨の影響を受けたが、土・日ともに水準よりも少し速い程度だった。逃げ切りあり、差し切りあり連対脚質もバラエティに富んでいた。
馬場差一覧

■タイム分析
2010-03-28  芝=+0.7 → +2.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
3R T1200 ショウナンナックル    牝3 未勝利 1:10.4 +0.5 +0.1   C D
4R T2000 クレバーロッシー    牡3 未勝利 2:02.1 ±0 -1.0 A C
7R T1800 チュウワプリンス    牡4 500万下 1:48.4 +0.5 -0.1   C D
8R T2000 メイショウマゼラン    牡5 500万下 2:02.3 +1.7 +0.7   D C
9R T1200 マッキーコバルト    牡4 三河特別1000 1:09.5 +0.8 +0.4   D B
11R T1200 キンシャサノキセキ    牡7 高松宮記G1 1:08.6 +0.9 +0.5   D D

2010-03-28  ダ=-0.1 → +99
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1000 ブライティアカーサ    牝3 未勝利・牝 1:00.6 +0.4 +0.5   D E
2R D1700 グリッターウイング    牡3 未勝利 1:48.0 +0.5 +0.6   D D
5R D1700 ポンテディリアルト    牝5 500万下・牝 1:45.8 -0.1 ±0   C D
6R D1000 トップオブボストン    牡5 500万下 0:58.9 -0.4 -0.3   B D
10R D1700 タマモクリエイト    牡5 名古屋城1600 1:44.9 +0.6 +0.7   D C
12R D1700 ヒラボクワイルド    牡4 中京サン1000 1:44.1 -1.0 -0.9 A C

         

■ワンポイントアドバイス
しばしのお別れ
日曜の中京は入場者も多く、活気にあふれていた。高松宮記念に加えこの後大幅なコース改修があることからおよそ2年間開催が行われない事も関係していると思う。小さい頃は中京と言えば芝コースがなく、ダートとも少し違う砂コース(サンドコースと言った)のみでの開催だった。毎日杯とか中京記念とかも砂で行われていた。その後昭和45年に芝コースが竣工され、49年に砂コースからダートコースに変わって現在に至っている。新コースは直線が長くなり、直線に坂が設置されるとのこと。小回りで直線が短いコース特有のスリリングな展開が消えてしまわないかちょっと心配。

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。