Victory Road

アダルト 期間限定セール(毎週作品更新)

2010-04-03
2010年2回阪神3日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜日がマイナス0秒4、日曜日がマイナス0秒2だった。まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、前開催後半からこの開催1週目については、プラスの馬場差の日がほとんどだったが、先週は春の阪神で初めて土日ともマイナスの馬場差だった。
マイナスの馬場差と言っても、高速馬場という程ではない。ただBコースに替わって、最初の週でこれまでよりは速い時計の出るコンディションだった。特に土曜日は芝で最初のレースである3Rが稍重発表だった様に、雨の影響は残っていたはずだが、それでも春の阪神では最も速い馬場差だった事になる。そしてこの土曜日は途中で良馬場に変更されたが、数値は1日を通したもの。あと連対馬の傾向についてはコースが替わって最初の週だからと言って、内を通った馬が優勢という訳ではなかった。なお、阪神も残り2週はこのままBコースが使用される。
ダート
先週の馬場差1800m対象の数値は土曜日がマイナス0秒1、日曜日がプラス0秒2だった。まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、前開催6日目・7日目はやや時計が掛かったが、他の日は水準前後で大きな変化はない。
土曜は重から稍重へ、日曜は稍重から良へと変更されたが、馬場差は1日を通したもの。この馬場発表からも雨の影響は残っていたはずだが、脚抜きが良いわけではなかった。連対馬の脚質を見ると、逃げ馬の連対が1頭もなく、差し馬の上位進出が目についた。
馬場差一覧

■タイム分析
2010-04-03  芝=-0.4 → +2.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
3R T1800 アスカトップレディ    牝3 未勝利 1:50.3 +1.7 +0.9   S C
5R T1400 ヘルズキッチン    牝3 未勝利 1:21.9 -1.1 -0.8 A C
8R T1800 トゥリオンファーレ    牡4 500万下 1:47.4 +0.1 ±0   C C
9R T1400 シゲルモトナリ    牡3 マーガレ 1:21.3 -0.5 -0.2   C D
11R T2000 ブラストダッシュ    牡5 明石特別1000 2:03.2 +3.0 +2.6   S C

2010-04-03  ダ=-0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1200 ロスグラシアレス    牝3 未勝利・牝 1:13.8 +0.5 +0.6   D D
2R D1800 ロケットダイヴ    牡3 未勝利 1:56.1 +1.4 +1.5   E C
6R D1200 エーシンリジル    牝3 500万下 1:12.7 +0.1 +0.2   C C
7R D1400 メイショウモネ    牡4 500万下 1:24.1 -0.8 -0.7   B C
10R D1400 ナムラタイタン    牡4 コーラル 1:22.8 ±0 +0.1 C C
12R D2000 メイショウブンブク    牡4 1000万下 2:06.7 +1.1 +1.2   E D

         

■ワンポイントアドバイス
1400m・3勝 1800m・2勝
ポイントと言うよりは、芝の勝ち馬でもう1頭触れておきたい馬が居たのでここで取り上げる事にした。日曜9R4歳上1600万下の難波Sを勝ったシルポートの事。この馬ここまでの連対7回を見ると、芝1400mで3勝、芝1800mで2勝2着2回。しかしその間の1600mでは3走とも5着以下。2走前・3走前が1600mで逃げて後続にマークされて直線は失速した。しかし今回は、距離が伸びて一人旅に持ち込めた。息の入れ方が1600mよりもその前後の距離の方が上手く行くと思う。また、シルポートの父であるホワイトマズルの産駒全体の成績を見ても、共通点がある。連対率・3着内率はこれら3つの距離ではあまり変わらないが、勝率については1400m・1800mが1600mよりも高い数字が出ている。普通に考えれば、1400m・1600mで成績が似通っていて、さらに距離が伸びた1800mで成績が落ちそうにも思えるが、シルポートの様なタイプも中には居る。古馬になると過去の戦績からある程度読めてきますし、だからこそ今回シルポートは3番人気に支持されていたのだと思う。しかし3歳馬の場合、ここから未知の距離に挑んでいく際にそれを推理していくのも予想の面白いところ。種牡馬成績も参考にしたい。

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。