Victory Road

DMM.make DISPLAY

2010-04-10
2010年1回福島1日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜日がマイナス1秒0、日曜日がマイナス0秒8だった。
3月からシートによる芝の養成を行ってはいるが、春を迎えても気温の低い日が多かった事もあって見た目からして芝の発育が遅れている。ただ、開幕週だけあって時計の出方がかなり速く、日曜は土曜に芝の競馬が多かった事から0秒2時計が掛かってはいるが、それでも数値は速い。流れにもよるが、開幕週にしては差し馬の台頭が多いのも時計の出方とは別に芝の成育がイマイチなのと無関係ではないと思う。一雨降れば一発で悪化することも考えておきたいと思う。今週もう1週Aコース、最終週Bコースが使用される。
ダート
先週の馬場差1700m対象の数値は土曜日がプラス0秒4、日曜日がプラス0秒6だった。
雨の影響を受けず、砂圧が9cm、砂が乾燥して水準よりも時計が掛かっている。日曜はさらに乾燥が進行してプラスの数値が高くなっている。脚質的な偏りは得にはない。
馬場差一覧

■タイム分析
2010-04-10  芝=-1.0 / 1200m=+1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
2R T1200 メイショウサバト    牝3 未勝利・牝 1:09.7 -0.2   D D
3R T1800 マックスストレイン    牡3 未勝利 1:49.4 +0.2   E E
5R T2000 コスモラピュタ    牡3 未勝利 2:01.0 -1.3   C D
6R T1200 リキサンシンオー    セ4 500万下 1:08.3 -0.9 B D
8R T2600 ジョイザラス    牡6 500万下 2:40.0 -0.7   D D
10R T1800 バイタルスタイル    牝3 ひめさゆ500 1:48.1 -0.3   D D
11R T1200 ヒカルジョディー    牡4 吾妻小H1000 1:08.5 -0.3   D D

2010-04-10  ダ=+0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1000 ボードメンバー    牡3 未勝利 1:00.9 +0.6   D E
4R D1700 ボンジュールキセキ    牡3 未勝利 1:47.5 -0.1   B D
7R D1700 メイショウコレット    牝6 500万下・牝 1:48.2 +2.2   E E
9R D1150 ガオウ    牡6 500万下 1:09.2 +0.7   D E
12R D1700 ハクバドウジ    牡5 花見山特500 1:46.8 +0.8   D C

         

■ワンポイントアドバイス
丸山元気騎手が土曜全レース騎乗
昨年デビューの丸山元気騎手が土曜に全レースに騎乗を記録。成績的には1勝2着3回だったが、日曜もランダムトークとチャーミングオーラで2勝して今年の勝ち鞍を17勝とした。昨年が8勝だったので、早くも倍以上勝った事になる。ローカルと言えば中館騎手が依然第一人者だが、最近は若手も頑張って良い競り合いが続いており、例えば1年目の三浦皇成騎手の様に張り合いながら腕を上げていった事もある。この福島、さらにはその後の新潟と丸山騎手の騎乗から目を離せない。

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。