Victory Road

アダルト 期間限定セール(毎週作品更新)

2010-04-25
2010年2回東京2日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス0秒2、日曜がマイナス0秒6だった。
雨の影響が残り、馬場差はプラスゾーンからスタートしたが、馬場が乾いた日曜日は土曜よりも速い時計が出る様になった。なお土曜日は重から良に変更されたが、馬場差は1日を通した数値。この開催3週目まではAコースを使用。その後Bコースに替わる。
ダート
先週の馬場差1600m対象の数値は土曜がマイナス0秒4、日曜がプラスマイナスゼロだった。
土曜日の方が雨の影響が残ってやや脚抜きが良かった。ただ、この様に土日で馬場差は異なるが、全体を通して好位につけた馬の連対が目につき、いくらか前有利の傾向ではあった。ただ、一方で能力上位馬の強烈なパフォーマンス、脚力というのも何度か見せつけられた週だった。
馬場差一覧

■タイム分析
2010-04-25  芝=-0.6 → +1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
4R T1600 サトノジューオー    牡3 未勝利 1:34.8 -1.0 -0.5   B C
6R T1400 オメガクリスマス    牝3 500万下 1:23.1 +0.7 +1.1   E D
7R T2000 ネオスピリッツ    牡5 500万下 2:01.9 +1.1 +0.8   D D
9R T1800 ヴィーヴァミラコロ    牡4 石和特別1000 1:48.4 +1.4 +1.1   S B
10R T1400 ロードバリオス    牡5 フリーウ1600 1:20.8 -0.4 ±0   C C
11R T2000 サンテミリオン    牝3 フローラG2 2:00.2 -0.3 -0.1 C D

2010-04-25  ダ=±0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1600 アドマイヤオンリー    牝3 未勝利・牝 1:40.6 +1.1 +1.1   E E
2R D1400 スマイルタイム    牡3 未勝利 1:26.0 -0.2 -0.2   C D
3R D2100 レオアラシ    牡3 未勝利 2:15.6 +1.6 +0.7   D D
5R D1600 セイリオス    牡3 500万下 1:38.0 -0.6 -0.6   B C
8R D1600 グラヴィテーション    牡4 500万下 1:38.0 ±0 ±0   C C
12R D1600 フェイマステイル    牡4 1000万下 1:37.3 +0.1 +0.1   C C

         

■ワンポイントアドバイス
東京・芝のコンディション
春の東京は連続開催ですし、G1レースも続々行われる。芝のコンディションは一層気になりますので、1週目の傾向や今後の予測を述べておきたい。雨の影響が残って始まったが、緑の絨毯は傷んでいく様子が無く、むしろピンと直立して草丈が長い芝。レースを行う事で踏んでなめしてあげるイメージ、そういう風に見えた。今週の馬場差が先週の日曜日のマイナス0秒6を超えて、つまりより速い時計・馬場差が出ても不思議ではないなという風に考えている。先行馬がまずまずのアベレージを残した訳だが、必然的にインコース有利でもある傾向だが、特に1400m・1600mの4鞍で勝ち馬は脚質に関わらず、全て4コーナーで最内を回って来ていたという点は興味深いところ。恐らく1週を消化しただけではこの傾向は一変しないと考えている。

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。