Victory Road

アダルト 期間限定セール(毎週作品更新)

2010-05-01
2010年1回新潟1日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス0秒1、直線1000mは土日ともプラス0秒1だった。
時期的に野芝が発育途上という事もあり、芝の生えそろったコンディションではない。ただ、丁度1年前の1回開催開幕週にしても、2000m対象の馬場差は土日ともにマイナス0秒1と同じだった。今年だけ時計が掛かっているという訳でもなさそう。連対馬の脚質には偏りがなく、コース取りについても絶対的にイン有利という数字にはなっていない。ペース次第ではレース上がりの速い決着もあったが、馬場差が示す通り水準レベルのコンディション。なおこの開催は全てBコースが使用される。
ダート
先週の馬場差1800m対象の数値は土曜日が変動、日曜日がプラス0秒4だった。
土曜のダートは風の影響を強く受けた。しかも終日風の影響が一定ではなかったですし、1200mと1800mでも異なっていたので、変動とした。まず1200mについては1日を通してプラス0秒3という数値を当てはめる事ができるが、1800mについては、レースによって異なったという事。なお、連対馬の脚質を見ると逃げ馬の4勝に対して先行馬が2着1回だけというのはアンバランスに映るが、好位組も含めればある程度前めに居ないと苦しかったという結果。ちなみに、昨年の1回新潟のダートは前半5日間が全てプラスマイナスゼロという馬場差で安定していたが、今年も恐らく風などの影響がなければだが、同等のレベルで落ち着くのではないかと推測できる。
馬場差一覧

■タイム分析
2010-05-01  芝=-0.1 → +0.1 / 直=+2.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
2R T2200 ローザフィオーレ    牝3 未勝利 2:19.8 +5.1 +4.0   E E
3R T1600 ヴィクトリアローズ    牝3 未勝利・牝 1:35.9 +1.0 +1.1   E E
5R T1800 キングシャーロット    牡3 未勝利・若 1:49.2 +1.5 +1.6   E E
6R T1400 ドリームカトラス    牡3 未勝利 1:22.0 -0.5 -0.4   B D
8R T1200 ショウナンアトム    牡4 500万下 1:09.0 ±0 +0.1   C D
10R T2000 リッカロイヤル    牡5 荒川峡特500 2:01.6 +1.6 +0.7   D D
11R T1000 ストロングポイント    牡4 鏑矢特別1000 0:56.0 +1.1 +1.0   E E

2010-05-01  ダ=変動
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1800 ホッカイアラカティ    牡3 未勝利 1:58.7 +4.4 +1.9   E D
4R D1200 ヒルノリンベル    牡3 未勝利 1:13.9 +1.1 +0.8   E E
7R D1800 パルクエスト    牝4 500万下・牝 1:54.5 +1.7 +0.2   C E
9R D1800 レプラコーン    牡5 500万下 1:56.4 +3.6 +1.1   E D
12R D1200 ダイワフラッグ    牡4 高田城特500 1:11.6 -0.3 -0.6   B E

         

■ワンポイントアドバイス
1番人気馬の扱い
先週の新潟では土曜日の競馬で1番人気の馬が1度も勝てないという結果になった。ただ2着と3着はそれぞれ4回ずつありましたし、日曜日には6勝2着3回3着1回と10鞍で馬券に絡んでいる。先週の結果だけを見てどうこう言う訳ではないが、メンバーが総じて低くなりがちな春のローカル開催でもありますから、1番人気馬の扱い方は慎重にならざるを得ないという事。前5年の1回新潟開催について1番人気馬の成績を見ると、古馬500万下は3歳未勝利戦より10%以上連対率が低い。また、距離別で見ると1番人気の連対率が低いのは芝の1200m、芝の1400m。つまり、内回りの芝短距離線は紛れが生じやすいという事だろうか。先週の結果に合致するわけでないが、馬券選択の上でもそれなりのイメージを持って臨む方が得策だろう。

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。