Victory Road

巨乳のサンプル動画が見放題!

2010-05-09
2010年1回新潟4日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜日がマイナス0秒2、日曜日がマイナス0秒3。直線1000mは土日ともプラスマイナスゼロだった。ここまで4日間、時計の出方に大きな差はないが、気温の上昇に伴い、芝が生長してきた事で1週目よりも先週の方がやや時計が出やすくなった。なお、直線1000mのレースは脚質を取らず、薄緑色で表示している。
土曜の方が雨の影響は残っていて、先週の中で比較すれば日曜の方が若干ながら時計は出やすくなっていた。そして連対馬の傾向としては、中団と後方をまとめた差しグループが開幕週の3割から先週は7割にまで占有率を上げている。内回りの3コーナーなどが徐々に傷んで来た様ですし、今週の傾向にも注意。このまま後2週Bコースが使用される。
ダート
先週の馬場差1800m対象の数値は土曜日が変動、日曜日がプラス0秒1だった。こちらもまずはここまで4日間の馬場差を振り返っておくと、1週目特に初日の1800m戦は風の影響でかなり時計が掛かったが、先週は水準レベルだった。
土曜午前は雨の影響でやや脚抜きの良いコンディションだったが、午後は乾いて水準となった。従って3Rまではマイナス0秒3、6R以降はプラスマイナスゼロ。なお、開幕週よりも逃げ馬の連対数が増えたが、強調するほどの傾向でもなく、コーナーがキツい新潟ダートらしい先行有利の傾向が続いている。
馬場差一覧

■タイム分析
2010-05-09  芝=-0.3 → ±0 / 直=+2.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
2R T1800 トーセンウィン    牡3 未勝利 1:48.0 +0.3 +0.6   D D
3R T1200 ピエナブラヴ    牡3 未勝利 1:10.3 +0.6 +0.8   E D
5R T2000 キクカタキシード    牡3 未勝利 2:01.7 -0.4 -0.1   C D
6R T1000 グラスピュア    牝3 未勝利 0:55.7 -0.2 -0.2   C E
8R T2000 プラージュ    牝4 500万下・牝 2:03.1 +3.1 +2.1   S E
10R T1800 グレイスフルソング    牝5 二王子特500 1:46.5 ±0 -0.3   C D
12R T1600 マイネルプライゼン    牡4 五泉特別500 1:34.4 +0.5 +0.2   C E

2010-05-09  ダ=変動
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1200 ティファニーケイス    牝3 未勝利・牝 1:12.8 ±0 -0.1   C D
4R D1800 キクノキセキ    牡3 未勝利・若 1:53.0 -1.3 -1.4   A D
7R D1200 リバーサルブロー    牡4 500万下 1:12.6 +0.7 +0.6   D E
9R D1800 キングスリージョン    牡4 500万下 1:53.4 +0.6 +0.5   D D
11R D1200 ゴールドエンデバー    牡4 八海山特1000 1:11.8 +0.5 +0.4   D C

         

■ワンポイントアドバイス
最大の“大差”は果たして…
先週の新潟競馬で最もインパクトがあったのは、タイムランクAで後続をぶっ千切った日曜4Rのキクノキセキ。2着馬とのタイム差は2秒0だった。新潟コース改修以降のダート1800m戦で見ると、2008年8月16日同じ未勝利戦でワールドリーダーが記録した1秒9。これを凌ぐ言わば新記録となった。『ただし』だが、ちなみにこのワールドリーダーというのは、次走500万下で2番人気7着と期待を裏切ってその後も凡走を続けている。すでに解説した通り、キクノキセキの次走昇級戦についても過去の対戦馬のその後の戦績を意識しておくとか、あるいは今回と同様に負担重量の恩恵があるかななどとチェックをして、丁寧に対応してほしい。タイムランク以外の分析力を身につけて行くこともこの番組の1つのテーマとも言えるでしょうし、今回は貴重なケースワークになるかもしれない。

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。