Victory Road

DMM.make DISPLAY

2010-05-15
2010年2回東京7日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日共にマイナス1秒4だった。まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、雨の影響が残っていた初日だけはプラスの馬場差だが、2週目以降はマイナス1秒台の馬場差。3日目から6日目までマイナス1秒2の馬場差が続き、先週はさらにマイナス方向に大きな数値となった。
開催日に雨の影響を受けていない事もあり、絶好の馬場コンディションが続き先週はBコースに替わった。数値がマイナス方向に推移した事も必然と言えるぐらい。また、連対馬脚質についてだが、一目瞭然だとは思うがとにかく前残りが目についた週だった。先行と逃げを併せるとこの開催で唯一となる5割超えという占有率をマークしている。1番の要因はインコースのコンディションが良い事だろう。ただBコース2週目となる今週はジョッキー心理も変わってくるでしょうし、ここまでのアベレージにはならないのではないかと推察している。そして来週のダービーウィークからCコースに変わる。
ダート
先週の馬場差1600m対象の数値は土日ともプラス0秒1だった。まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、初日は雨の影響が残ってマイナスの馬場差だったが、2週目以降は水準より若干掛かるというレベルで大きな変化はない。
この開催を通してだが、これと言う偏りもないまま終了した。先週だけで見ると、日曜だけ逃げ馬の連対が固まっている様にも見えるが、そうした先入観はむしろ邪魔になるので、引き続きその乾いたダートであればだが、能力比較を軸とした馬券検討で臨みたい。
馬場差一覧

■タイム分析
2010-05-15  芝=-1.4 → +2.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
5R T1400 ユウキサンオーラ    牝3 未勝利 1:21.7 -1.4 -0.4   B D
6R T1600 サニーダニエル    牡3 未勝利 1:34.4 -1.4 -0.3   B C
9R T2000 ビートブラック    牡3 夏木立賞500 2:02.5 +1.2 +1.6   S D
10R T1600 ソーマジック    牝5 立川特別1000 1:33.9 -0.3 +0.4   D C
11R T1400 サンクスノート    牝5 京王杯スG2 1:19.8 -0.9 +0.1   C C

2010-05-15  ダ=+0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1400 レインボーハート    牝3 未勝利・牝 1:28.7 +2.5 +2.4   E D
2R D2100 レアーレスパーダ    牡3 未勝利 2:15.6 +1.6 +1.1   E D
3R D1600 マスターソムリエ    牡3 未勝利 1:40.3 +0.8 +0.7   D D
7R D1600 センターステージ    牝4 500万下・牝 1:38.4 +0.4 +0.3   D E
8R D2100 フジヤマワカムシャ    牡5 500万下 2:15.2 +3.0 +1.9   S D
12R D1300 ブライトアイザック    牡4 1000万下 1:17.8 -0.1 -0.2   C D

         

■ワンポイントアドバイス
名馬は持っている
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。