Victory Road

アダルト動画

2010-05-22
2010年3回東京1日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒1、日曜が変動だった。2回開催から続いているのでここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、前開催3日目以降マイナス1秒台の馬場差が続いていたが、先週日曜は時計が掛かった。
日曜最初のレース、4R時点でも土曜よりは掛かっているとは言え、水準レベルだった。しかしながら1日中雨が降り続いてレースをおう毎に時計の出方は鈍くなっていった。先々週までは圧倒的に前残りの競馬が多かったが、先週は馬場の内側が傷み始めた影響か徐々に外差しが決まる様になって来た。それは土日を通しても同じ傾向だった。今週からCコースに変更されるが、一連の流れは頭に入れておきたい。なお、この後最終週までCコースが使用される。
ダート
先週の馬場差1600m対象の数値は土曜日がマイナス0秒4、日曜日がマイナス0秒6だった。まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、前開催3日目以降水準より若干掛かるというレベルが続いていたが、先週土曜日はマイナスゾーン。日曜日はさらに速くなった。
雨が降り続いた日曜はもっと脚抜きが良くなるかなと予想したが、それほどでもなかった。途中から稍重から重へ変化したが、時計の出方は終日変わらずだった。マイナス0秒6は1日を通しての値。いずれにせよ、芝ほどには土日の馬場差に大きな開きはなかった。脚質的には土曜は圧倒的に先行有利だったが、日曜は差しも届いていた。ただ、土曜よりも日曜の方が馬場が締まっていた分ジョッキーの意識が前に前にと働いていたのは事実。その分差しが決まっただけで、本質的な馬場傾向は前有利だと考えて良いと思う。
馬場差一覧

■タイム分析
2010-05-22  芝=-1.1 → +2.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
5R T1800 イオス    牝3 未勝利・牝 1:48.2 -0.7 +0.3   C D
6R T1400 オチャノコサイサイ    牝3 未勝利 1:24.2 +1.1 +1.4   S D
8R T1400 オルトリンデ    牝4 500万下 1:22.0 -0.2 +0.6   D D
9R T1400 レインスティック    牡3 ガーベラ500 1:21.7 -0.7 +0.1   C D
10R T2000 アースシンボル    牝5 秩父特別1000 2:01.4 +1.3 +1.8   S E
11R T1800 ショウワモダン    牡6 メイS 1:45.7 +0.1 +1.1   E E

2010-05-22  ダ=-0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1600 ロレーヌ    牝3 未勝利・牝 1:38.9 -0.6 -0.2   C D
2R D1300 ファルブジェナ    牝3 未勝利 1:20.0 +0.4 +0.7   D D
3R D1600 エクストラセック    牡3 未勝利 1:39.1 -0.4 ±0   C D
7R D1600 メイショウツチヤマ    牡3 500万下 1:38.1 -0.5 -0.1   C D
12R D1600 グラヴィテーション    牡4 1000万下 1:37.0 -0.2 +0.2 C D

         

■ワンポイントアドバイス
勝ち馬だけが強いレース多し
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。