Victory Road

DMM.make DISPLAY

2010-05-23
2010年1回新潟8日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜日がマイナス0秒2、日曜日がマイナス0秒1。直線1000mは土曜がプラスマイナスゼロ、日曜がプラス0秒1だった。まずは8日間の芝の馬場差を振り返っておくと、中距離はマイナス0秒3からマイナス0秒1、直線1000mもプラスマイナスゼロからプラス0秒1の間での推移で安定していた。
ダート
先週の馬場差1800m対象の数値は土曜日がマイナス0秒1、日曜日がプラスマイナスゼロだった。こちらもまずは8日間の馬場差を振り返っておくと、風の影響を受けた初日を除けば大きな差はない。特に4日目以降は水準レベルで安定していた。
新潟のダート戦らしく、前めにつけた馬の決着が先週も目についた。
馬場差一覧

■タイム分析
2010-05-23  芝=-0.1 → +0.1 / 直=+2.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
2R T2400 シルクオールディー    牡3 未勝利 2:31.2 +3.2   S D
3R T1400 アンティフリーズ    牝3 未勝利・牝 1:22.6 +0.1   C C
5R T1800 メイショウギリシャ    牡3 未勝利 1:48.4 +0.7   C D
6R T1600 アスカクリチャン    牡3 未勝利 1:34.1 -0.8   A C
7R T1800 カネトシスラーヴァ    牝4 500万下・牝 1:47.0 +0.5   C D
9R T2000 シンボリローレンス    牡5 500万下 2:00.7 +0.7   C C
10R T2200 トレジャーハント    牡4 胎内川特500 2:15.0 +1.6   D B
11R T1000 テイエムカゲムシャ    牡6 駿風SH1600 0:55.3 +0.8   E C

2010-05-23  ダ=±0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1800 メイショウクレモナ    牡3 未勝利・若 1:55.0 +0.7   D D
4R D1200 エスジーナミ    牝3 未勝利 1:12.7 -0.1   C C
8R D1200 コロナループ    牡4 500万下 1:11.8 -0.1   C B
12R D1800 エイブルベガ    牡5 三条特別500 1:52.7 -0.1   C C

         

■ワンポイントアドバイス
新潟でも元気、元気!
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。