Victory Road

ギャルのサンプル動画が見放題!

2010-05-29
2010年3回東京3日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒9、日曜がマイナス0秒7だった。まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、この開催初日まではマイナス1秒台の馬場差が続いていたが、2日目は雨の降る中レースが行われてかなり時計が掛かった。
時計の出方はこの開催の初日、つまりBコースを使用して良馬場で行われた日と比べて若干掛かっていた。週後半の雨の影響が残っていた結果と見る。脚質的には先々週以上に差しが届く様になったのが大きな特徴。ペースが遅かったレースでも差しが届いていた点を考えれば、むしろ差し有利だったと言った方が適切かもしれない。一言で言えば、しぶとさよりも瞬発力を要求される馬場だったと思う。なお、今週そして最終週はこのままCコースが使用される。
ダート
先週の馬場差1600m対象の数値は土曜がプラス0秒5、日曜がプラス0秒2だった。まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておく。前開催後半は水準より若干掛かるというレベルだったが、この開催に入って1週目はマイナスゾーン、そして先週はプラスゾーンと週によって変化している。
土日とも良馬場で行われたが、雨の影響を受けた日曜の方が時計の出方は若干速くなった。ただ、先々週がマイナスゾーンだったのに対して先週は土日ともプラスゾーンでしたから、基本時計が掛かっていると見て良い。脚質的にはペースが遅ければ前残り、速ければ差しも届くというわかりやすい傾向だった。今後もプラスゾーンの馬場なら同様の傾向が続くと見て良いと思う。
馬場差一覧

■タイム分析
2010-05-29  芝=-0.9 → +3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
3R T1400 アイアイレインボー    牝3 未勝利 1:22.4 -0.7   C D
5R T2300 ゴートゥザミラノ    牡3 未勝利 2:23.5 +1.2   S C
7R T2000 ダークシャドウ    牡3 500万下 2:01.3 ±0 C D
8R T1800 ミステリアスライト    牡5 500万下 1:48.8 +1.1   S C
9R T1600 マイネルエデン    牡4 葉山特別1000 1:34.1 -0.1   D C

2010-05-29  ダ=+0.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1300 カネトシショコラ    牝3 未勝利・牝 1:20.5 +0.9   D D
2R D1600 キョウエイナゲット    牡3 未勝利 1:39.7 +0.2   B C
6R D1600 アドマイヤオンリー    牝3 500万下・牝 1:39.4 +0.8   D E
10R D1400 シャイニングアワー    牡5 鎌倉S1600 1:24.6 +1.1   D C
11R D1400 ナムラタイタン    牡4 欅S 1:23.5 +0.7   D D
12R D1600 ピースオブパワー    牡4 1000万下 1:38.9 +1.7   S D

         

■ワンポイントアドバイス
展開不向きの中、善戦した馬
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。