Victory Road

DMM.make DISPLAY

2010-05-29
2010年4回京都3日目

■馬場コメント
先週の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス1秒3だった。まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、雨の影響を強く受けたこの開催2日目以外はマイナス1秒台と速い時計の出るコンディションが続いている。
先々週に降った雨の影響もあって、馬場の内側が随分と傷んで来た。ただ、芝が刈り込まれて草丈そのものがかなり短くなった印象。結果的には良馬場で行われた先々週土曜と時計の出方は大きく変わらなかった。脚質的には差しが決まる競馬がある一方で内を通った馬が粘る競馬もあった。要はペースによりけりで、先行有利だった先々週と比べると脚質による有利不利の幅は随分小さくなったなという感じ。なお、このまま最終週までCコースが使用される。
ダート
先週の馬場差1800m対象の数値は土日共にマイナス0秒5だった。まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておく。この開催2日目は雨の影響を強く受け、かなり脚抜きが良くなった。しかしそれ以外の日は水準よりは速いものの、マイナス1秒台にまでは行かないというレベルで、大きくは変わっていない。
良馬場で行われた先週は土日ともマイナス0秒5の値だった。これは同じく良馬場で行われた先々週の土曜と同じ時計。脚質的には逃げ・差し混在で、目立った傾向はなかった。ただ、いつもの京都開催と比べると差しが届いている印象は強い。
馬場差一覧

■タイム分析
2010-05-29  芝=-1.3 → +3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
2R T1600 ティボリペガサス    牝3 未勝利・牝 1:34.9 -0.4   D D
4R T1400 ヤマカツマヤリス    牝3 未勝利 1:22.7 +0.2   E D
6R T1800 クリスティロマンス    牝3 500万下・牝 1:47.2 -0.6   C D
9R T1800 ワイルドラズベリー    牝3 白百合S 1:45.3 -1.7   B E
10R T2000 アーネストリー    牡5 金鯱賞G2 1:59.5 +1.1   S C
12R T1600 マッシヴエンペラー    牡5 1000万下 1:33.5 -0.4   D D

2010-05-29  ダ=-0.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1200 シルバーキセキ    牝3 未勝利 1:12.6 -0.2   C D
3R D1800 ニシノスローン    牡3 未勝利 1:53.8 -0.3   C C
5R D1400 ラガーリンリン    牝3 500万下 1:24.5 -0.4   C D
7R D1800 ボーカリスト    牡4 500万下 1:52.7 +0.1   C C
8R D1200 コパノカチーノ    牡4 500万下 1:12.3 +0.4   E C
11R D1900 ポイマンドレース    牡4 蹴上特H1000 1:58.9 +0.5   E D

         

■ワンポイントアドバイス
国分恭介騎手
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。