Victory Road

ギャルのサンプル動画が見放題!

2010-06-06
2010年3回東京6日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日共にマイナス1秒3だった。まずここまで8日間の馬場差を振り返っておく。前開催最終週からこの開催初日はマイナス1秒台の馬場差だったが、2日目つまりオークスの日は雨の影響でかなり時計が掛かっていた。その後の2週目のダービーウィークはマイナスの馬場差とは言え、雨の影響がやや残っていたのに対し、先週はマイナス1秒台に戻った。
先々週と同様Cコース使用だったが、草丈が短くなった影響か時計の出方は随分と速くなった。脚質的には土曜の前半こそ前残りの競馬が多かったが、その後は徐々に差しが決まり始めた。特にペースが速くなるときっちりと差しが届いていた。今週も引き続きCコースが使用されるが、差し有利の状況に拍車がかかりそうな雰囲気。
ダート
先週の馬場差1600m対象の数値は土曜がプラス0秒2、日曜がプラスマイナスゼロだった。まずここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、大きなバラつきはない。この開催2日目は雨の影響で時計が出やすくなっているが、高速馬場と言うほどでもない。
土曜は先々週の日曜と同じプラス0秒2の値だったが、日曜は若干時計の出方が速くなった。ただ土日を通して脚質傾向は大きく変わらずで、先行馬同士の決着が多かった。特に下級条件はその傾向が顕著で、上のクラスではペースが速くなった時のみ差し馬が届いていた。
馬場差一覧

■タイム分析
2010-06-06  芝=-1.3 → +3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
3R T1600 コスモカンタービレ    牡3 未勝利 1:34.7 -1.1 -0.1   C B
4R T1800 ゼロチョウサン    牡3 未勝利 1:47.2 -1.7 -0.5   B D
6R T1600 ウインクリアビュー    牝3 500万下・牝 1:33.5 -1.6 -0.6   B D
7R T2400 ウインシュールマン    牡4 500万下 2:26.6 -0.3 +1.3   E D
9R T1800 チュウワプリンス    牡4 ホンコン1000 1:46.6 -0.4 +0.8   D D
11R T1600 ショウワモダン    牡6 安田記念G1 1:31.7 -1.1 -0.1   C C

2010-06-06  ダ=±0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1600 ブラックジョーク    牝3 未勝利・牝 1:39.4 -0.1 -0.1   C C
2R D1400 ツクバキング    セ3 未勝利 1:26.2 ±0 ±0   C C
5R D1600 ロンギングスター    牡3 500万下 1:37.7 -0.9 -0.9   A D
8R D1300 ブラッシュアップ    牡5 1000万下 1:18.0 +0.1 +0.1   C D
10R D1600 エアマックール    牡5 麦秋SH1600 1:36.0 -0.4 -0.4   B D
12R D1600 バーディバーディ    牡3 ユニコーG3 1:36.6 -0.9 -0.9 A D

         

■ワンポイントアドバイス
ダート1600メートル戦
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。