Victory Road

アダルト動画

2010-06-06
2010年4回京都6日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日共にマイナス1秒3だった。まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、この開催2日目だけは雨の影響で時計が掛かったが、他の日はマイナス1秒台で速い時計の出るコンディションが維持されている。
草丈が短く、内の方が荒れてきている状況は先々週と変わらずだったので、じゃぁレースを多く消化している分外差しだけがバンバン決まっているかと言えば、一概にそうとも言い切れずにペースによっては内を通った先行馬が残る競馬もあった。とは言え、ジワジワと内が荒れて差しが決まりやすくなっているのは事実ですから、引き続きCコース使用で行われる今週はその傾向に拍車がかかるものと思われる。
ダート
先週の馬場差1800m対象の数値は土日共にマイナス0秒5だった。まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておく。この開催2日目は雨の影響でかなり脚抜きが良くなったが、他の日は水準よりやや速いというレベル。特にこの開催に入ってから2日目以外の馬場差は全てマイナス0秒5。
ダートは先々週と同様土日ともマイナス0秒5だった。脚質傾向も先々週と同じで、ペースが遅ければ前残り、速ければ差しが届いていた。いずれにしよいつもの京都と比べると差しが届いているのが印象的。
馬場差一覧

■タイム分析
2010-06-06  芝=-1.3 → +3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
3R T1200 リッカスウィープ    牡3 未勝利 1:08.5 -1.3 -0.5   B D
5R T2000 ロードホーリー    牡3 未勝利 2:01.5 -0.5 +0.2   C C
8R T1800 トムウィンズ    牡5 500万下 1:46.1 -1.3 -0.1   C C
10R T2000 アドマイヤメジャー    牡4 下鴨SH1600 1:58.2 -0.9 +0.1   C D
11R T2400 ハードダダンダン    牡3 かきつば500 2:27.4 -0.1 +0.5   D D
12R T1400 ホーカーハリケーン    牝4 1000万下 1:20.7 -0.6 +0.3   D D

2010-06-06  ダ=-0.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1200 デンコウウインディ    牝3 未勝利・牝 1:13.0 +0.2 +0.5   D D
2R D1800 マカリオス    牡3 未勝利 1:52.6 -1.5 -1.0   A C
6R D1200 マルカバッケン    牡3 500万下 1:11.4 -0.7 -0.4   B D
7R D1400 ピエナエイム    セ5 500万下 1:24.4 -0.1 +0.3   D B
9R D1200 ファイナルスコアー    牡5 深草S1600 1:10.9 +0.2 +0.5   D C

         

■ワンポイントアドバイス
ダンスインザダーク産駒の活躍
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。