Victory Road

巨乳のサンプル動画が見放題!

2010-06-12
2010年4回京都7日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜日がマイナス1秒0、日曜日が変動だった。まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、2日目そして8日目となる先週の日曜日は雨の影響を受けたが、それ以外はマイナス1秒台の速い時計の出るコンディションだった。
(土曜)3週目よりやや時計が掛かったのは馬場コンディションの変化と言うよりは風の影響。そして日曜は風の影響はなかったが、今度は雨の影響を受けて前半は土曜と同じ馬場差。その後特に雨が強くなった午後のレースは時計が掛かる様になり、11Rの馬場差はプラス1秒0。馬場発表が良から重まで変化しているので、勘違いすることはないと思うが、1日の中で最大2秒違っていたという事は強く意識しておきたい。良馬場では速い時計が出る状態が維持されたが、見た目にも内が荒れているのがハッキリわかり、外差し傾向にさらに拍車がかかった。土曜で言うと外回りの2200m・2400mのスローペースを別とするとおおむね外を通った差し馬が上位に来ていた。ただ、こういう開催の後半の荒れた馬場で雨が降るとよくある事だが馬場が完全に渋った日曜の後半10Rと11Rは最内を通った逃げ馬がそれぞれ1着と3着だった。
ダート
先週の馬場差1800m対象の数値は土曜日がマイナス0秒2、日曜日が変動だった。まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、この開催を通じてマイナスの馬場差、基本的には水準よりやや速いというレベルだが、2日目と先週日曜後半は雨の影響で時計が出やすくなった。
土曜は1週前より時計が掛かったが、馬場状態の変化と言うよりも風の影響。これは芝と同じ。日曜は土曜より少し速い状態、マイナス0秒3で始まってその後は雨の影響を受けて12Rはマイナス1秒3。1日の中で1秒違っていた。日曜の特に後半は差し・追い込みが決まったが個人的には京都のダートと言うのは湿って高速化するともの凄く差しが決まると思っている。それも前が止まって差すというよりは自身が芝並の速い上がりを記録して差すという事が多くて、いわゆる切れるダート馬が活躍する様になる。
馬場差一覧

■タイム分析
2010-06-12  芝=-1.0 → +3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
4R T2400 シゲルタカカゲ    牡3 未勝利 2:29.1 +0.6   D C
5R T1400 ルアーズストリート    牝3 未勝利 1:22.1 -0.4   D C
6R T2000 ナイスミーチュー    牡3 500万下 1:59.7 -1.4   B B
8R T1600 ナリタスレンダー    セ5 500万下 1:34.7 +0.2   D C
9R T2200 アイティトップ    牡5 比良山H1000 2:13.8 +0.7   S C
11R T1600 カミダノミ    牡3 あずさ賞500 1:34.3 -0.3   D C

2010-06-12  ダ=-0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1800 キョウワレジーナ    牝3 未勝利・牝 1:55.1 +1.0   E D
2R D1200 トップオブカハラ    牡3 未勝利 1:12.8 ±0   C D
3R D1800 エイユーブラッサム    牡3 未勝利 1:54.1 ±0   C C
7R D1200 ピュアチャプレット    牝4 500万下・牝 1:11.9 ±0   C D
10R D1800 ドリームライナー    牡4 御陵S1600 1:51.2 +0.2   D C
12R D1800 スズカフレーム    牡4 1000万下 1:52.5 +0.7   C C

         

■ワンポイントアドバイス
お答えいたします
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。