Victory Road

アダルト 期間限定セール(毎週作品更新)

2010-07-04
2010年2回福島6日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒9、日曜がプラス0秒2からマイナス0秒5へと変動。まずここまで6日間の馬場差を振り返っておくと、3日目までと先週土曜は速い時計の出やすいコンディションだった。一方4日目と先週日曜は雨の影響を受けたが、4日目は後のレースになるほど時計が掛かっていたのに対し、先週日曜は後になるほど時計は出やすくなった。
開催の3週目であること、さらに週半ばに雨が降ったこと、時計が掛かる要因が2つあったがBコース替わりの初日でもあって、雨の影響が若干あったという点で似ている1週目と土曜はほぼ同じ程度の馬場差となった。土曜日の夜にも雨が降った。降っていた時間は短かったが、降雨量は多くて影響は残った。日曜の朝一番は不良。その後は徐々に回復して1Rは重、5Rから9Rは稍重、そして11Rと12Rは良馬場だった。従って馬場差は変動で後半のレースほど速い時計が出る状態だが、良馬場の11R・12Rでも土曜よりは掛かる状態だった。特に日曜日の後半は外差しの傾向が顕著で1200mの内枠が苦しく、いいという感じが多かった。このままBコース使用となる最終週はさらに外差し傾向が強くなるはずだが、ローラーなどの中間の馬場整備情報には注意したい。
ダート
先週の馬場差1700m対象の数値は土曜日がプラス0秒1からプラス0秒5へと変動、日曜はマイナス1秒1からマイナス0秒6へと変動した。まずはここまで6日間の馬場差を振り返っておくと、2日目・3日目は水準の馬場差だが他の日は雨の影響で1日の中でも時計の出方は変わっている。この開催からは変動の日でも最初のレースと最後のレースの馬場差は推移表にも明記しているので、チェック。
週半ばに降った雨の影響が残って土曜の3Rと5Rは稍重、その後は良馬場に回復した。その土曜日も馬場差は変動で、後半のレースほど馬場が乾いて時計の出る状態。稍重だった前半のレースでも今開催初めて馬場差がプラスで完全な良馬場ならかなり時計が掛かっていたと推測される。そして土曜の夜にも雨が降った。降っていた時間は短かったが、降雨量が多くて影響が残った。日曜日の3Rまでは不良で、4Rから10Rまでは重馬場。やはり馬場差は変動で、後半のレースほど時計は掛かっているが、いずれにしても1日を通じて速い時計が出る状態だった。
馬場差一覧

■タイム分析
2010-07-04  芝=+0.2 → -0.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R T1200 コスモマスタング    牡2 未勝利 1:11.1 +0.7   D C
5R T1200 フロールジェナ    牝2 新馬 1:11.4 +0.8   E C
6R T2000 キャプテンハッチ    牡3 未勝利 2:01.6 -0.4   C B
8R T1200 オメガブルーライン    牝3 500万下・牝 1:08.2 -1.0 A D
9R T2000 ヤマニンエルブ    牡3 南相馬特500 2:02.0 +1.2   D C
11R T1800 アロマカフェ    牡3 ラジオNIHG3 1:47.3 +0.4   D C
12R T1200 オモイデサクラ    牝3 500万下 1:09.0 -0.2   C D

2010-07-04  ダ=-1.1 → -0.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
2R D1150 ユメノキズナ    牝3 未勝利 1:08.6 -0.7   C C
3R D1700 ビコーペグー    牝3 未勝利・牝 1:47.8 +0.5   E D
4R D1150 テルザトゥルース    牡3 未勝利 1:09.1 -0.2   D D
7R D1700 カンマビード    牝3 未勝利 1:47.5 +0.2   E D
10R D1700 ジョウノボヘミアン    牡4 猪苗代特1000 1:44.3 -0.9   C C

         

■ワンポイントアドバイス
1年前を思い出そう
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。