Victory Road

アダルト 期間限定セール(毎週作品更新)

2010-07-04
2010年3回阪神6日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜日がプラス1秒1からプラス1秒8へと変動、日曜日がプラス0秒7だった。まずはここまで6日間の馬場差を振り返っておくと、1週目はマイナスの馬場差だったが、2週目以降は雨のため時計が掛かっている。また、1週目にしても雨の影響は受けており、梅雨の時期らしい推移とも言える。
土曜日は早朝から雨が降り続いた。朝一番の発表は良だったが、7時半に稍重、9時過ぎには重となってレースは終日重馬場で行われたが、馬場差は変動。後半のレースほど時計が掛かっている。同じ重馬場でも2000m対象で最大0秒7違うという点に注意。土曜の夜まで降り続けた雨の影響は日曜にも残っていたが、最初の芝のレースつまり昼過ぎの4Rには良馬場に回復していた。それでも馬場差はプラス0秒7。重馬場から稍重で行われた4日目よりも時計の掛かる馬場だった。先週からBコースに替わったが、特に日曜日は内を通った馬が伸びを欠く傾向だった。このままBコース使用となる最終週も同様のはずですが、ローラーなど中間の馬場整備情報には注意が必要。
ダート
先週の馬場差1800m対象の数値は土曜日がマイナス1秒7、日曜日がマイナス1秒3からマイナス0秒6へと変動した。まずはここまで6日間の馬場差を振り返っておくと、2日目は水準レベルだったが、他の日は速い時計の出やすいコンディション。
土曜は早朝から雨が降り続けていたが、朝一番の馬場発表は良。7時半に稍重、8時半過ぎに重、そして9時過ぎには不良と一気に不良まで行った。そしてレースは終日不良馬場で行われた。馬場差はマイナス1秒7、極限に近い高速馬場。土曜日は逃げた馬が5レース中4レースで2着以内に入っているが、単調な行った行ったという競馬は1回だけ。差し馬も届いている。土曜夜まで降り続けた雨の影響は日曜にも残ったが、徐々に回復して1R・2Rは重馬場、午後の5Rからは稍重。こちらは馬場差が変動で、後のレースほど時計の掛かる状態だが、1日を通して速い時計が出る状態だった。
馬場差一覧

■タイム分析
2010-07-04  芝=+0.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
4R T1200 エーシンブラン    牡2 新馬 1:11.4 +0.8   D C
6R T1200 ベッラフィーリア    牝3 未勝利 1:10.6 +0.6   C D
8R T1600 ゴールスキー    牡3 500万下 1:34.4 -0.2   A B
10R T1600 タマモナイスプレイ    牡5 米子SH 1:33.8 +1.0   D D
11R T2000 トウカイオーロラ    牡3 鶴橋特別500 2:01.9 +1.0   C C

2010-07-04  ダ=-1.3 → -0.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1200 ラブエーヤン    牝3 未勝利・牝 1:12.8 -0.3   D D
2R D1800 ワイルドウルフ    牡3 未勝利 1:52.9 -1.6   C C
5R D1400 ドクトルジバゴ    牡3 未勝利 1:24.7 -1.0   C C
7R D1800 フラッグラッシュ    牡5 500万下 1:53.3 +0.2   E C
9R D1800 ソリタリーキング    牡3 鷹取特別1000 1:52.4 +0.1   C B
12R D1200 ファンドリカップ    牡4 500万下 1:11.2 -1.1   A C

         

■ワンポイントアドバイス
もちろん例外はある!
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。