Victory Road

DMM.make DISPLAY

2010-07-11
2010年3回阪神8日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜日がマイナス0秒2からマイナス0秒5へと変動、日曜日がプラスマイナスゼロからプラス1秒4へと変動した。まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、梅雨の季節らしく雨の影響を受けてプラスの馬場差になることが多い開催だった。特に3日目後半・5日目・8日目つまり先週の日曜日後半で時計が掛かっている。それぞれの開催日での比較はもちろんのこと、1日の中でも時計の出方の変化に注意。
金曜の午後に雨が降ったが、その影響が残って土曜日は1Rだけ稍重だったが、その後は徐々に回復して4R以降は良馬場。馬場差は変動で7R以降がマイナス0秒5。この開催の1週目とだいたい同じ程度になった。終日良馬場だった6日目よりも1秒前後速い点に注意。日曜日は昼前から雨が降り始め、そのあと雨が降り続いた。8Rまでは良馬場だったが、最初の芝のレースつまり4Rの時点でも良馬場発表だったが見た目にちょっと力のいる馬場という感じだった。稍重だった土曜日の1Rよりも時計が掛かっている。馬場が使い込まれた事も重なって、稍重の9R以降はプラス1秒を超える馬場差。かなりパワーが必要になった。
ダート
先週の馬場差1800m対象の数値は土曜日がマイナス1秒4からマイナス1秒0へと変動、日曜日がマイナス0秒8からマイナス1秒3へと変動だった。まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、全てマイナスの馬場差。水準レベルだった2日目を除くと速い時計の出やすい馬場コンディション。ただ、その度合いは開催日によって異なりますし、変動の日が6日ある様に1日の中でも時計の出方が異なるケースが目についている。
金曜午後に雨が降った影響が残って土曜の6Rまでは稍重だった。その後は徐々に乾いて8R以降は良馬場。馬場差は変動で後のレースほど時計は掛かっているが、いずれにしても1日を通じて速い時計が出る状態。後半良馬場であってもマイナス1秒台である点が注意点。そして日曜、こちらは昼前から雨が降り始めて雨が降り続いた。やはり馬場差は変動で、良馬場発表だった7Rまででも馬場差はマイナス0秒8から1秒0と速い時計が出る状態だった。
馬場差一覧

■タイム分析
2010-07-11  芝=±0 → +1.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
4R T1800 ショウナンマイティ    牡2 新馬 1:50.3 +1.0 -0.1   C C
5R T1400 ミッドタウンレディ    牝3 未勝利 1:22.9 +0.1 ±0   C B
6R T2400 シースナイプ    牝3 未勝利 2:30.4 +1.8 +0.7   D C
8R T1800 ポートスピード    牡5 500万下 1:48.4 +1.1 +0.4   D C
9R T2200 ロイヤルネックレス    牝4 三田特H1000 2:17.8 +4.3 +2.0   S C
11R T1400 ピースピース    牡4 舞子特別500 1:23.2 +1.2 +0.2   C C

2010-07-11  ダ=-0.8 → -1.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1800 ブルーモーメント    牝3 未勝利・牝 1:54.5 ±0 +0.8   D E
2R D1400 ヒーロー    牡3 未勝利 1:24.9 -0.8 -0.2   C C
7R D1800 アキノフライ    牝3 500万下・牝 1:52.6 -0.5 +0.5   D D
10R D1400 ケイアイガーベラ    牝4 プロキオG3 1:21.8 -1.0 -0.1   C C
12R D1200 ストームツイスター    牝4 500万下 1:11.2 -1.1 -0.2   C C

         

■ワンポイントアドバイス
ハイレベルの牝馬限定戦
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。