Victory Road

巨乳のサンプル動画が見放題!

2010-07-25
2010年2回新潟4日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日共にマイナス0秒9。直線1000mは土日共にマイナス0秒2だった。開幕週に比べると先週はやや時計が掛かっていたことになる。
初日の前日、つまり16日の金曜日から8日間雨が降っておらず、いわゆるパンパンの良馬場で行われたのが先週。それでも1週目よりプラス方向へ推移した訳だが、裏を返せば1週目が相当に絶好のコンディションであったという事だろう。今後の時計比較のためにも、この1週目と2週目での0秒3の開きというのは意識しておきたい。先週は中団と後方に位置した馬の連対数が伸びており、4コーナーでのコース取りもまずまず脚質に応じたモノとなっていた。ちなみにではあるが、先週目についた連対枠番というのは8枠だった。直線競馬を除く土日13鞍で7回も出現していた。
ダート
先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒3、日曜がマイナス0秒1だった。ここまで4日間は水準よりやや速いというレベルで、大きな変化はない。
8日間雨が降っていなかった新潟で先週のダート戦ではもうもうと砂煙が舞い上がる光景が印象的だった方も多いはず。ただ、馬場差としては土日の推移のし方までもが1週目と同じだった。連対馬の脚質においても差し馬が穴を開けるパターンも目についたとは言え、トータルの占有率で考えれば1週目と似通ったレベルだった。
馬場差一覧

■タイム分析
2010-07-25  芝=-0.9 / 直=-0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R T1200 ライステラス    牝2 未勝利 1:09.0 +1.1 -0.6   B C
2R T2000 スズヨタキオン    牝3 未勝利・牝 2:02.2 +0.3 +0.8   D D
5R T1800 リーサムポイント    牡2 新馬 1:48.7 +0.3 +0.4   D C
6R T1000 カトルズタッチ    牝2 新馬 0:57.2 +0.8 +1.0   E D
7R T1400 コスモピアチューレ    牝3 未勝利 1:21.9 -0.5 +0.1   C C
9R T1800 カリバーン    牡3 尖閣湾特500 1:45.6 -0.9 -0.1   C B
11R T2200 スリーオリオン    牡5 日本海H1600 2:14.3 +2.3 +2.2   S C
12R T1200 セイコーライコウ    牡3 500万下 1:08.8 -0.2 +0.3   D D

2010-07-25  ダ=-0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
3R D1800 ワルトユニヴァース    牡3 未勝利 1:55.1 +1.0 +1.1   E D
8R D1200 ケージーアメリカン    牡3 500万下 1:11.6 -0.3 -0.2   C C
10R D1800 オウロプレット    牡4 麒麟山特1000 1:52.1 +0.1 +0.2   C C

         

■ワンポイントアドバイス
続・柴田善臣騎手
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。