Victory Road

アダルト 期間限定セール(毎週作品更新)

2010-08-07
2010年2回函館7日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜日がマイナス0秒4、日曜日がマイナス0秒3だった。まずはここまで8日間の芝の馬場差を振り返っておく。この開催1週目は雨の影響が残って時計が掛かったが、2週目は一転して高速馬場。3週目土曜日つまり5日目は2週目ほどではないが、時計は出やすかったのに6日目は風の影響で時計が掛かった。そして先週はマイナスの馬場差と週によって、あるいは開催日によって異なる馬場コンディションだった。
Bコース替わりの3日目・4日目こそ極端な高速化を見たが、5日目のマイナス0秒8から7日目マイナス0秒4、8日目マイナス0秒3という推移を眺めると、雨・風の影響があった6日目以外は馬場の使用頻度に伴ったプラス方向への推移だった。先週では連対馬のコース取りに特徴があった。土曜は芝の連対馬12頭中7頭までが4コーナーでいわゆる最内を通ってきた馬だった。他にも明らかに内めを回ってきた馬がさらに3頭居た。これが日曜になると、同じく12頭中で最内を回ってきた馬は逃げ切り勝ちの1頭のみだった。外差しマニアを喜ばす程ではなかったが、土日で傾向の違いがハッキリしていた点は確認しておいてください。
ダート
先週の馬場差1700m対象の数値は土日共にマイナス0秒7だった。こちらもここまで8日間の馬場差を振り返ると、この開催前半4日間は安定していたが、3週目は雨や風の影響を受けた。また、先週も前半4日間に比べれば時計は出やすくなっていた。
今年の函館における言わば基準レベルとしていた、マイナス0秒4より先週はやや時計が出やすかった。先週の連対馬に関しては、逃げ・先行馬合わせての占有率に回復傾向が見られたが、これも若干軽めのダートに関係しているのかもしれない。ただし、1000mにおいてはどれも順当勝ちばかりでしたし、1700mで逃げ切り勝ち1頭のみというのは少ない部類。しかもそれに該当する日曜4Rのドリームシガーは生粋の逃げ馬ではなかった。正にレベル低下の状況を見越した先手必勝だったと言える。前回の放送で話した未勝利のレベル低下という背景には、今後も注意を払いたい。
馬場差一覧

■タイム分析
2010-08-07  芝=-0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
2R T1200 ノーブルディード    牡2 未勝利 1:10.6 -0.6   B C
6R T2000 トーセンピナクル    牝3 未勝利 2:03.0 -0.4   C A
8R T1800 レインボーダリア    牝3 湯浜特別500 1:49.5 +0.2   D C
9R T2600 トウカイメロディ    牡3 みなみ北H 2:40.1 -0.4   C E
11R T1200 メジロアリス    牝5 立待岬H1000 1:09.6 ±0   C C
12R T1200 メイショウサバト    牝3 500万下・牝 1:10.0 ±0   C D

2010-08-07  ダ=-0.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1000 ペプチドサクシード    牝2 未勝利 1:00.8 +0.1   D D
3R D1700 サザンクロスレディ    牝3 未勝利・牝 1:47.8 -0.1   D D
4R D1000 キュート    牝3 未勝利 0:59.4 -0.8   B C
5R D1700 マイネルウィット    牡3 未勝利 1:47.8 -0.1   D C
7R D1000 ナムラアトラクト    牝3 500万下 0:58.7 -0.8   B D
10R D1700 マッドマックス    牡4 500万下 1:46.0 -0.6   C D

         

■ワンポイントアドバイス
若くて元気!
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。