Victory Road

アダルト 期間限定セール(毎週作品更新)

2010-09-04
2010年1回札幌7日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜日がプラスマイナスゼロからマイナス0秒4へと変動、日曜日がマイナス0秒6だった。まずは1回開催の馬場差を振り返っておくと、3週目までは速い時計の出るコンディション、しかし先週特に土曜は雨の影響が残って3週目までと比べ、掛かっていた。
 金曜日から土曜の朝方まで雨が降って、土曜の朝6時半の時点では稍重だった。1Rのスタート前には良馬場となっていたが、1Rの時点で3週目と比べて約1秒掛かる馬場。函館でも同じような事があったが、いわゆる洋芝の競馬場、少しでも雨の影響を受けると一気に時計が掛かるという傾向がある。土曜日は徐々に乾いて行ったので馬場差は変動。1Rの時点でプラスマイナスゼロ、12Rの時点でマイナス0秒4。日曜日はさらに乾いてマイナス方向に動いたが、それでも3週目までよりも掛かっている。先週の馬場に関する注意点は同じ良馬場発表でも3週目までとはかなり異なるという点。そして今週からBコースが使用される。
ダート
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜日がマイナス0秒3からプラス0秒1へと変動、日曜日がプラス0秒2だった。こちらもまずは1回開催の馬場差を振り返っておくと、最も速い数値でマイナス0秒4、最も掛かっている数値でプラス0秒2と水準前後で大きな動きはなかった。
 こちらも雨の影響を受けて土曜日の午前6時半は重馬場だった。2Rから7Rまでは稍重。10Rだけ良馬場で行われた。従って馬場差は変動。2Rと3Rがマイナス0秒3、5Rから7Rまでがマイナス0秒1で、10Rがプラス0秒1。芝とは違って雨の影響を受けたとは言え、極端に時計が速かった訳ではない。日曜はさらに乾いてプラス0秒2だが、土曜の後半とあまり変わらなかった。
馬場差一覧

■タイム分析
2010-09-04  芝=±0 → -0.4
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R T1800 インパクトゲーム    牝2 未勝利 1:51.7 +0.9 +0.6   D C
4R T1200 カイシュウコロンボ    牡2 新馬 1:11.9 +0.8 +0.9   E D
8R T2600 マストハブ    牡3 富良野特500 2:42.6 +0.1 +0.5   D C
9R T1200 ティファニーケイス    牝3 HBCH1000 1:09.2 -0.2 ±0   C C
11R T2000 リリエンタール    牡3 日高特別1000 2:02.5 +1.1 +1.5   E C
12R T1500 アドマイヤテンバ    牝3 500万下 1:29.6 ±0 +0.3   D E

2010-09-04  ダ=-0.3 → +0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
2R D1700 カメリアビジュ    牝3 未勝利・牝 1:47.3 +0.1 +0.4   D D
3R D1700 シヴァルリー    牡2 新馬 1:49.5 +1.1 +1.4   E C
5R D1700 ダイビングキャッチ    牡3 未勝利 1:47.9 +0.7 +0.5   D D
6R D1000 ノトーリアス    牡3 未勝利 1:00.1 +0.1 +0.2   C C
7R D1700 ウォンビーロング    牝3 500万下・牝 1:46.1 +0.2 +0.3   C C
10R D1700 オースミレジスタ    牡3 500万下 1:45.9 ±0 -0.1   C C

         

■ワンポイントアドバイス
後ほど更新
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。