Victory Road

アダルト動画

2010-09-05
2010年2回小倉8日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス0秒6だった。まず2回開催の馬場差を振り返っておくと1週目は中距離と短距離の馬場差が比例せず、数値を分けて発表したが、Bコースに替わった2週目以降はマイナス0秒8からマイナス0秒6での間での推移で大きな動きはなかった。
 先週は火曜日以降全く雨が降らず、7週目つまり2回小倉の3週目とほぼ同じ馬場差だった。連続開催の8週目を向かえても時計の掛かる外差しの馬場にはならなかった。夏の小倉は近年はだいたいこの様な傾向になっている。具体的には連続開催の後半になっても極端に時計が掛かるわけではない。
ダート
 先週の馬場差1700m対象の数値は土曜日がプラス0秒4、日曜日がプラス0秒3だった。まずは2回開催の馬場差を振り返っておく。初日の特に前半は雨の影響で速い時計が出るコンディションだったが、2週目以降はプラスの馬場差。ただ、週によって時計の掛かり方は異なるので注意。  極端に時計が掛かるという程ではないが、乾燥してパワーが必要な馬場。特に1700mではラスト200mの時計が掛かるケースが多かったが、前も後ろも一緒にバテてる感じで上がりが掛かっても後方から差して来る馬は届き切らなかった。
馬場差一覧

■タイム分析
2010-09-05  芝=-0.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R T1200 エーティーランボー    牡2 未勝利 1:08.8 -0.8   B C
3R T2000 デンコウアルセウス    牡3 未勝利 2:00.6 -0.5   C C
4R T1200 オースミイージー    牡2 新馬 1:09.5 -0.3   C D
6R T1200 シエラデルタ    牡3 未勝利 1:08.9 -0.3   C D
9R T1200 キョウワマグナム    牡3 八幡特H1000 1:07.8 -0.3   C C
10R T1200 ブラウンワイルド    牡2 小倉2歳G3 1:08.7 ±0   D C
11R T1800 タムロスカイ    牡3 国東特別500 1:47.8 +0.7   D C
12R T2600 ラッキーポケット    牡4 500万下 2:39.5 -0.3   D E

2010-09-05  ダ=+0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
2R D1700 メイショウボヌス    牝3 未勝利・牝 1:48.6 +1.9   E C
5R D1700 ブルロック    牡3 未勝利 1:46.6 -0.1   B C
7R D1000 アヤナルベルス    牝3 500万下 0:58.1 -0.6   A C
8R D1700 オウケンマジック    牡4 500万下 1:46.3 +0.9   D D

         

■ワンポイントアドバイス
後ほど更新
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。