Victory Road

巨乳のサンプル動画が見放題!

2010-09-05
2010年3回新潟8日目

■馬場コメント
 先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日ともにマイナス0秒6。直線1000mは土日ともマイナス0秒1だった。まずは3回開催の馬場差を振り返っておくと、全てマイナスの数値だった。この開催の初日は雨や風の影響を受け、水準レベルに近くなったが、2日目以降はマイナス0秒8からマイナス0秒5の間での推移で、大きな動きはない。特に4日目以降は全てマイナス0秒6だった。
 先週金曜日の午前中に少し雨が降ったが、金曜正午の時点でも良馬場。その後もずっと良馬場で馬場差は7週目と同じだった。流石に内側は少し芝が傷んで直線で外を通る馬の伸びが目立っているが、内を通ると不利という程ではなかった。
ダート
 先週の馬場差1800m対象の数値は土日共にプラス0秒2だった。まずは3回開催の馬場差を振り返っておくと、1週目特に初日は雨の影響で脚抜きが良く、速い時計の出るコンディションだったが、2週目以降は水準レベルで大きな動きはなかった。ただ先週については夏の新潟で初めてプラスの馬場差となっている。
 金曜午前の雨もあったが、その影響ほとんど無くてむしろさらに乾燥が進んだ。開催前半と比べると見た目にもパワーが必要そうな馬場だった。最終週にして今年夏の新潟ダートでは初めてプラスの馬場差になったが、いずれにしても水準程度の馬場。っと言っても同じ良馬場発表のこの開催2週目と比べると0秒5違うので注意したい。
馬場差一覧

■タイム分析
2010-09-05  芝=-0.6 / 直=-0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R T1400 カレンデイムーン    牡2 未勝利 1:22.4 -0.6 -0.2   C C
5R T1800 サトノフローラ    牝2 新馬 1:48.1 -0.3 -0.6   B C
7R T2000 エスピナアスール    牝3 未勝利 2:00.9 -1.0 -0.4   B D
9R T1800 フライバイワイヤー    牡4 出雲崎特500 1:47.2 +0.7 +0.4   D C
10R T1200 マヤノロシュニ    牝4 飯豊特別1000 1:08.9 +0.3 +0.7   E D
11R T1600 マイネイサベル    牝2 新潟2歳G3 1:34.5 +0.3 +0.3   D B
12R T1000 ジョウノオアシス    牝6 500万下 0:55.0 -0.3 -0.2   C C

2010-09-05  ダ=+0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
2R D1200 ピースオブケイク    牡3 未勝利 1:12.7 +0.1 ±0   C C
3R D1800 タマノリテラシー    牝3 未勝利・牝 1:54.9 +0.8 +0.6   D D
6R D1200 デュークビスティー    牡3 未勝利 1:12.4 -0.2 -0.3   B D
8R D1800 マルターズカイト    牡3 500万下 1:53.8 +1.0 +0.5   D D

         

■ワンポイントアドバイス
後ほど更新
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。