Victory Road

DMM.make DISPLAY

2010-09-11
2010年4回中山1日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日共にマイナス1秒5だった。
台風9号の影響から水曜日に115ミリの降雨があった。馬場悪が懸念されるところだったが、木曜以降が快晴で気温も上がり、金曜には稍重になった馬場状態も開催初日の土曜朝には良馬場まで回復した。なお平地競走は野芝のみの開催になる。春開催終了後に大規模な張り替えを行ったこともあり、芝は非常に良好な状態。時計の出方も当然速く、連対馬の決まり手を見ると差しも結構効いてはいるが、道中は内めを通ってくる事が条件で、外外を回る差し・追い込み馬には厳しい状況。ちなみに先週土曜の芝は6鞍行われたが、6R・8R・9Rの3鞍については1番・2番の馬で決着を見た。展開にもよるが、外枠の馬が苦戦を強いられている証明だと思う。今週までBコース、3・4週目はCコースが使用される。
ダート
先週の馬場差1800m対象の数値は土日共にプラス0秒2。1200mは土日共にマイナス0秒5だった。
芝同様に水曜の雨の影響から開催前は水分を含んでいたが、日をおう毎に乾燥が進んでいった。土曜朝には表面も黒ずんでおらず、良馬場発表。時計も1800mは土日を通して、標準よりも少し掛かっていた。対して1200mは水準よりも速くなっているが、これは中山ダートの一般的な傾向と言える。脚質的な偏りは特にはない。
馬場差一覧

■タイム分析
2010-09-11  芝=-1.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
2R T1600 ディープサウンド    牡2 未勝利 1:36.0 -0.3   E D
5R T1200 ジョーアラマート    牝2 新馬 1:10.1 -0.3   D C
6R T1600 グァンタナメラ    牝3 未勝利 1:34.3 -1.5   B B
8R T2000 キングスビレッジ    牡4 500万下 2:00.0 -1.6   C D
9R T1600 マイネルプライゼン    牡4 上総特別1000 1:33.0 -1.4   C C
11R T2000 ディアアレトゥーサ    牝3 紫苑S 1:58.8 -1.5   C E

2010-09-11  ダ=+0.2 / 1200m=-0.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1800 ビッグロマンス    牡2 未勝利 1:57.0 +0.9   D E
3R D1800 クリミナルコード    牝3 未勝利・牝 1:55.8 +0.6   D D
7R D1800 インフィニットエア    牡4 500万下 1:53.7 -0.3 B D
10R D2400 チョイワルグランパ    牡4 松戸特H1000 2:36.7 +1.7   D D
12R D1200 ジャッカヴェルデ    牡5 500万下 1:11.4 -0.5   C C

         

■ワンポイントアドバイス
夏場の使われ方に注意
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。