Victory Road

ギャルのサンプル動画が見放題!

2010-09-26
2010年4回中山6日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は、土曜日がプラス0秒4からマイナス0秒4へと変動。日曜がマイナス0秒7だった。まずはここまで6日間の馬場差を振り返っておくと、前半2週はマイナス1秒5とかなり速い時計の出やすいコンディションだったが、先週特に土曜日は雨の影響で時計が掛かった。
開催前日金曜の夜22時頃まで雨が降り、木曜からの雨量は80mmを超えた。このため土曜日は不良馬場からのスタート。ただ気温は低めながら馬場は急速に乾いていき、7Rから重に回復している。馬場差は変動。午前の2鞍はプラスの数値で7Rが水準レベル。その後マイナスゾーンに入り、9R・10R・11Rと1レース毎に速い時計の出るコンディションに変化していった。そして日曜は稍重から6Rに良馬場に回復。1週目・2週目の様な高速には至らないが、それでも時計の出方は速かった。こちらの馬場差は1日を通してのもの。Cコースに移行したが、前2週と比較して内・外の差が顕著でなかったのは、雨の影響があったからでしょう。
ダート
先週の馬場差1800m対象の数値は土曜日がマイナス1秒8、日曜がマイナス0秒4。1200mは土曜がマイナス1秒5、日曜がマイナス0秒5だった。まずはここまで6日間の馬場差を振り返っておく。1800mは前半2週が水準レベルの中で、若干掛かる馬場。先週の特に土曜は雨の影響で脚抜きが良くなった。そして1200mは全てマイナスの馬場差だが、こちらも先週の特に土曜は雨の影響で脚抜きが良くなった。
木曜・金曜の降雨の影響を受けて、土曜8Rまでが不良。12Rで重に回復した。脚抜きの良い高速決着だが、1週目・2週目と違うのは1800mの方が1200mより速くなっている点。この時計の出方には注意が必要。日曜は重から始まって、7Rから稍重。1200mは1・2週とほぼ同じ数値だが、乾燥してはいても若干の水分は含んでおり、1800mは水準よりも速くなっている。土日を通して1200mは逃げ・先行馬が強く、1800mは差しが効いていた。土日ともに馬場差は終日対象。
馬場差一覧

■タイム分析
2010-09-26  芝=-0.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R T1200 ハワイアンシュガー    牡2 未勝利 1:09.9 -0.3   C E
2R T1800 ナカヤマナイト    牡2 未勝利 1:50.4 +0.3   C D
5R T1200 エクメーネ    牝2 新馬 1:10.0 -0.4   C D
6R T1600 アッパーイースト    牡2 新馬 1:35.8 -0.8   C C
9R T1600 アンティフリーズ    牝3 外房特H1000 1:34.4 ±0   D C
11R T2200 シンゲン    牡7 オールカG2 2:11.4 -1.4   B D

2010-09-26  ダ=-0.4 / 1200m=-0.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
3R D1200 パシャ    牝3 未勝利 1:13.2 +0.6   E C
7R D2400 マコトギャラクシー    牡3 500万下 2:39.1 +3.2   S E
8R D1800 オリオンザアルファ    牡3 500万下 1:53.9 -0.1   C D
10R D1200 ガンドッグ    牡3 茨城新聞1000 1:10.6 -0.7   C B
12R D1200 バイラオーラ    牝4 500万下・牝 1:11.3 -0.6   C C

         

■ワンポイントアドバイス
速い決着は北海道組よりも小倉組?
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。