Victory Road

ギャルのサンプル動画が見放題!

2010-10-09
2010年4回東京1日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス1秒0からプラス1秒5へと変動。日曜がプラス1秒1からプラスマイナスゼロへと変動した。
土曜日は1日中雨が降っていた。それでも10Rまでは良馬場発表だったが、同じ良馬場でも2Rと10Rではかなり馬場差が違う。具体的には2Rは2000m対象でマイナス1秒0。10Rはプラス0秒8。そして稍重となった12Rはプラス1秒5だった。日曜日は土曜日とは逆に不良でスタートして稍重まで回復した。1Rはプラス1秒1。そこから徐々にマイナス方向に動いて稍重の11Rでプラスマイナスゼロ。土曜2Rの馬場差から推測するといわゆるパンパンの良馬場ならマイナス1秒を超えるぐらいの高速馬場になるはず。また、日曜日の後半特に内枠とか内を通った馬の好走が目立ったが、馬場が今正に乾いて行っている時の東京と言うのは内が有利という傾向になりがち。今後も内有利なのかどうかはわからない。あと2週Aコースが使用され、4週目からBコース使用となる。
ダート
先週の馬場差1600m対象の数値は土曜がプラス0秒1、日曜がマイナス1秒2からマイナス0秒6へと変動した。
この開催から東京ダート1600mのスタートの位置と言うか、形状が変更されたという事をお伝えする。2コーナーのシュート部分から少しカーブしながらダートコースに入っていくが、その部分が以前と比べて直線に近くなったと言うか、ほぼ直線になった。このコース、以前の形だと内枠からスタートすると内ラチが目の前に迫ってくる感じで圧迫感があって、内枠の成績があまり良くなかったが、今回の改善によって傾向が変わってくる可能性がある。先週は3レース1600m戦が行われたが、偶然かもしれないが内枠の好走が多かった。
土曜日は1日中雨だったが、芝とは違って馬場差は一日を通じて同一でほぼ標準レベルだった。土曜の夜も雨は降り続けて日曜日の朝一番は不良。ただし最初のダートのレース、すなわち6Rの時点では重馬場で最後の12Rまでずっと重馬場だったが、こちらは馬場差は変動。つまり土曜日は馬場発表が途中で変わっても馬場差は同じ。日曜日は終日重馬場で行われたが、馬場差は変動。ちょっと普段とは逆なのでこの点に注意。
馬場差一覧

■タイム分析
2010-10-09  芝=-1.0 → +1.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
2R T1400 コンプリート    牝2 未勝利・牝 1:22.3 -1.1 -0.4 B C
3R T2000 メイショウオオゾラ    牡2 未勝利 2:02.6 +0.1 +0.6   D B
5R T1400 ゴシック    牡2 新馬 1:24.3 +0.7 +0.8   E C
8R T1600 フラガラッハ    牡3 1000万下 1:33.7 -0.5 -0.6   B A
10R T2400 アースシンボル    牝5 オクトH1600 2:29.6 +4.1 +2.0   S B
12R T2000 トモロマイスター    牡3 500万下 2:03.1 +2.3 +0.8   D B

2010-10-09  ダ=+0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1400 タビト    牡2 未勝利 1:27.0 +0.6 +0.5   D D
4R D1600 ガムラン    牡2 新馬 1:40.0 -0.3 -0.4   B C
6R D1600 リュシオル    牝4 500万下・牝 1:38.3 +0.3 +0.2   C E
7R D2100 ジーガートップ    牡4 500万下 2:16.4 +4.2 +3.1   S B
9R D1400 ビッグロマンス    牡2 プラタナ500 1:26.9 +1.3 +1.2   E D
11R D1400 ダノンカモン    牡4 ペルセウ 1:23.4 +0.6 +0.5   D C

         

■ワンポイントアドバイス
東京開幕週は田中勝春
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。