Victory Road

ギャルのサンプル動画が見放題!

2010-10-09
2010年5回京都1日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒2からプラス3秒0へと変動。日曜がプラス0秒3からマイナス0秒4へと変動した。
金曜日の夕方から雨が降り続いて土曜日の最初の芝すなわち2Rの時点では稍重だったが、わずかにマイナスの馬場差だった。しかし5Rから重、そして9R以降は不良。9R以降は馬場差がプラス2秒以上のなんと言うか本格的な道悪になった。レースが終わった後に芝がアップになるとボコボコと蹄の跡が残っているのがわかった。夜に雨がやんでから回復し始めて日曜日は稍重でスタートした。11Rからは良馬場。馬場差はプラス0秒3からマイナス0秒4まで変動した。っと言っても11R・12Rは良馬場と言っても多少は湿った状態で、いわゆるパンパンの良馬場ならマイナス1秒ぐらいの高速馬場になると推測できる。土曜の新馬戦でキングカメハメハ産駒がワンツーを決めてさらに土曜の2歳500万、9Rもキングカメハメハ産駒が勝ち、日曜日の2歳未勝利戦も勝った。キングカメハメハは重馬場になるととにかく来まくると。そういう馬場だったということがよくわかる。なおこの開催はこのままAコースが使用される。
ダート
先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス1秒4からマイナス2秒0、そしてマイナス1秒2へと変動。日曜日がマイナス1秒4からマイナス0秒8へと変動した。
金曜の夕方から降り続けた雨の影響で、土曜は最初から不良馬場。ただし同じ不良馬場でも雨が降り続いたため、含水率がどんどん上がっていっている。土曜1Rの馬場差はマイナス1秒4。そこからマイナス方向に変動して8Rでマイナス2秒0。ただし、そこからさらに含水率が上がった12Rはかえって走りにくいという状態になって、マイナス1秒2となった。12Rは1Rよりも時計が掛かる状態だったので注意。土曜の夜に雨がやんで、日曜は重馬場でスタートして稍重まで回復した。馬場差はやはり変動。1Rがマイナス1秒4で徐々に乾いてプラス方向に動き、10Rでマイナス0秒8だった。
馬場差一覧

■タイム分析
2010-10-09  芝=-0.2 → +3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
2R T1400 マルモセーラ    牝2 未勝利・牝 1:21.9 -0.8 -0.7 B B
5R T1800 ベルシャザール    牡2 新馬 1:56.0 +6.8 +4.7   S C
7R T1800 ヤマニンガーゴイル    牡3 500万下 1:49.6 +2.2 +0.8   D B
9R T1400 ツルマルワンピース    牝2 りんどう500 1:23.9 +1.8 +0.3   D C
10R T2000 リルダヴァル    牡3 大原S1600 2:02.6 +3.5 +0.8   D C
11R T1200 グランプリエンゼル    牝4 オパール 1:09.6 +1.7 -0.1   C C

2010-10-09  ダ=-1.4 → -2 → -1.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1200 カリスマサンスカイ    牡2 未勝利 1:11.6 -1.5 -0.6   B C
3R D1400 サザンブレイズ    牡2 新馬 1:25.2 -0.9 +0.3   D C
6R D1200 コパノマユチャン    牝4 500万下 1:11.0 -0.9 +0.3   D C
8R D1900 エアペイシェンス    牡4 500万下 1:57.3 -1.9 +0.2   C C
12R D1800 カネトシコウショウ    牡4 1000万下 1:51.0 -0.8 +0.4   D C

         

■ワンポイントアドバイス
NHKマイルC出走馬
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。