Victory Road

ギャルのサンプル動画が見放題!

2010-10-17
2010年4回東京4日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日共にマイナス0秒9だった。1週目は雨のため特に土曜日は後のレースになるほど時計の掛かるコンディションとなった。しかし先週は雨の影響を受けていない。
木曜以降は雨が降らず良馬場で、土日共にマイナス0秒9と、速い時計の出る状態になった。変動だった開催の初日、最初の芝のレースが馬場差マイナス1秒0でしたから、それよりは少しだけ掛かっている。雨の中で競馬が行われて少し傷んだ様。先々週の日曜、開催2日目の後半は馬場が乾いていく時で、そういう状況の時の東京芝は内が圧倒的に有利になるが、先週は内が極端に有利という事はなかった。今週もう1週Aコースが使用されて、その後Bコースに替わる。
ダート
先週の馬場差1600m対象の数値は土日共プラス0秒1だった。まずここまでの馬場差を振り返っておくと、1週目土曜日は雨の影響を受けたものの、馬場差は終日プラス0秒1だった。一方日曜日は前半の方が時計の出やすいコンディションだった。そして先週は乾いたコンディションで行われた。
土日とも完全な良馬場で馬場差はプラス0秒1と水準レベルだが、雨が降っていたこの開催の初日もプラス0秒1だった。時計の比較をする際にはちょっと注意したい。1週目に続いて逃げ切り勝ちがないが、別に前に行くと不利という訳ではない。
馬場差一覧

■タイム分析
2010-10-17  芝=-0.9
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
2R T1800 アドマイヤバーラム    牡2 未勝利 1:48.6 -0.6 C D
3R T1600 イングリッド    牝2 新馬 1:38.4 +2.0 S C
4R T2000 レインボーシューズ    牝2 新馬 2:05.6 +2.8   S C
7R T1400 セイウンジャガーズ    牡3 500万下 1:21.3 -0.9   B A
9R T1400 ライステラス    牝2 サフラン500 1:21.9 -0.8   C C
10R T1400 エーブダッチマン    牡4 白秋S1600 1:20.6 -0.6   C C
11R T1800 テイエムオーロラ    牝4 府中牝馬G3 1:46.4 +0.8   E C

2010-10-17  ダ=+0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1300 ティアップゼウス    牡2 未勝利 1:21.2 +1.4   E E
5R D1400 レッドヴァンクール    牡4 500万下 1:25.2 +0.3   C C
6R D1600 アースリヴィング    牝4 500万下 1:37.8 -0.2   B C
8R D1600 ラルーチェ    牝4 1000万下 1:37.6 +0.4   D C
12R D1300 ブライトアイザック    牡4 1000万下 1:18.4 +0.5   D B

         

■ワンポイントアドバイス
速め平均の芝1400m
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。