Victory Road

DMM.make DISPLAY

2010-10-30
2010年5回京都7日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜日がマイナス0秒5、日曜日がマイナス0秒6からプラス1秒6へと変動した。まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、1週目は雨の影響を受け、2週目・3週目は速い時計の出るコンディション。そして先週特に日曜日は雨のため時計が掛かった。
木曜日に雨が降って金曜正午の時点で稍重だった。そこから回復しつつあるところに土曜の朝少し雨が降ったが、発表は良馬場。ただし、馬場の色とか馬が蹴り上げている泥を見ていてもちょっと良馬場とは言い難く、限りなく稍重に近い状態だった。それでも馬場差はまだマイナスゾーンだったが1週前と比べると水準レベルに近づいた。土曜から日曜にかけて少し乾いて、日曜日はマイナス0秒6でスタート。2Rと3Rはそのままだが、その後雨が降り始めて雨が強くなった9R以降はプラスゾーン。9Rまでは良馬場発表だが、その時点ですでに馬場差プラス0秒8となっていた。Aコース4週目で雨の影響も受けて、3週目までと比べると特に日曜は外からの差しが効くようになった。今週から開催が替わり、今週と来週はBコース使用。後半の2週はCコースが使用される。
ダート
先週の馬場差1800m対象の数値は土曜日がプラスマイナスゼロ、日曜日がプラスマイナスゼロからマイナス0秒5へと変動した。まずここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、1週目は雨の影響で脚抜きが良く、速い時計の出やすいコンディション。2週目以降は水準かやや速いというレベルで大きな差はないが、先週特に日曜日については、雨の影響を受けた。
木曜に雨が降って芝と同じように金曜正午の時点では稍重だった。そこから回復して土曜日は良馬場。1週前よりもマイナス方向に動いても不思議はない状況だったが、実際には1週前よりプラス方向に動いた。芝は湿って前の週より時計の掛かる状態だったのですから、ダートも湿って速い時計が出る状態だったと思ってしまいがちだが、そうではなかった点に注意。日曜日は土曜と同じ馬場差でスタートしたが、6R以降は雨が降り続いき、徐々にマイナス方向に変動した。
馬場差一覧

■タイム分析
2010-10-30  芝=-0.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
3R T1600 サダムパテック    牡2 未勝利 1:34.3 -1.3 A B
6R T2000 サンビーム    牡2 新馬 2:05.3 +2.7   S B
9R T1800 ショウナンマイティ    牡2 萩S 1:49.3 +1.7 S C
11R T1400 マルカフェニックス    牡6 スワンSG2 1:21.0 +0.7   E D
12R T1400 ドリームゼロワン    牡5 1000万下 1:23.1 +1.8   E C

2010-10-30  ダ=±0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1200 オーラレガーレ    牝2 未勝利・牝 1:13.1 ±0 C C
2R D1800 ギンザアキレス    牡2 未勝利 1:55.7 +1.1   E C
5R D1400 オウエイバスター    牡2 新馬 1:26.8 +0.7   D C
7R D1800 ピースエンブレム    牝4 500万下・牝 1:52.9 +0.3   C C
8R D1400 オオトリオウジャ    牡4 500万下 1:24.2 -0.3 B B
10R D1200 スリーアリスト    牡5 西陣S1600 1:11.1 +0.4   D B

         

■ワンポイントアドバイス
大幅な体重増
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。