Victory Road

DMM.make DISPLAY

2010-11-07
2010年6回京都2日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜日がマイナス0秒9、日曜日がマイナス0秒7だった。京都も連続開催ですので、まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておく。前の開催2週目・3週目は速い時計の出やすいコンディションだったが、4週目特に8日目は雨の影響で後半時計が掛かっていった。しかし先週はマイナス方向に戻した。
土日とも雨の影響を受けなかった事、コース設定がBコースに替わった事が挙げられる。とは言っても日曜は土曜よりも馬場差にして0秒2だけ掛かっていた。この辺りは連続開催5週目となり、流石に前半の開催とは違う。連対馬を見ても外を回った差し馬が多く連対していた。なお京都も今週もう1週Bコースが使用され、後半2週はCコースが使用される。
ダート
先週の馬場差1800m対象の数値は土日共プラス0秒3だった。まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、週によって多少の違いはあるが、水準かやや速いレベルだった。しかし先週は秋の京都で初めてプラスの馬場差となった。
大きく時計を要した訳ではないが、雨の影響がなく乾いて少し時計の掛かるコンディションだった。そして中団・後方から外を回った馬の連対が少なくない。例えば土曜8Rを後方から差しきったエーシンサンスターなど前走が追い込んで来たとは言え、ちょっとびっくりする脚だった。時計の出方とも関連しているのかもしれない。
馬場差一覧

■タイム分析
2010-11-07  芝=-0.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
2R T1400 ツカサリボン    牝2 未勝利・牝 1:22.1 -0.6   C C
3R T1600 レッドデイヴィス    セ2 未勝利 1:35.4 -0.2   D B
6R T1800 トーセンラー    牡2 新馬 1:51.4 +2.2   S C
9R T1800 オートドラゴン    牡6 八坂SH1600 1:46.5 +0.5   E C
10R T1200 アーバンストリート    牡6 京洛SH 1:08.4 +0.5   E D
12R T1200 アルーリングライフ    牝3 1000万下 1:08.7 ±0   D D

2010-11-07  ダ=+0.3
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1200 ワイルドビート    牡2 未勝利 1:13.6 +0.5   D D
5R D1800 タナトス    牡2 新馬 1:56.4 +1.5   E D
7R D1400 アクティビューティ    牝3 500万下・牝 1:24.4 -0.1   B C
8R D1800 プリンセスペスカ    牝4 1000万下 1:52.3 +0.5   C D
11R D1800 トランセンド    牡4 みやこSG3 1:49.8 -0.4 B B

         

■ワンポイントアドバイス
人気で強い点も父譲り
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。