Victory Road

ギャルのサンプル動画が見放題!

2010-12-18
2010年3回小倉5日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜日がプラス0秒2、日曜日がプラス0秒3だった。まずはここまで6日間を振り返っておくと、初日より2日目の方が時計は出やすくなっていたが、週単位で見ていくと1週目⇒2週目⇒3週目と開催が進むにつれ、時計の掛かるコンディションになっている。
金曜に降った雨とさらには芝コンディションそのものの悪化の影響を受けて時計の出方はついにプラスゾーンになった。脚質的には追い込み馬同士で決まるレースがあったかと思えば、次のレースでは先行馬同士で決着するなど、傾向がめちゃくちゃ読みづらかった。ただ、少なくとも言えるのは、差し脚質の馬が不利になる馬場ではないということだけは、力強く言える。
ダート
先週の馬場差1700m対象の数値は、土曜がマイナス0秒5、日曜がプラス0秒2だった。ここまで6日間を振り返っておくと、終日良馬場だったという日は1日もなく、乾いたコンディションの日はなかったという事になる。とは言え、時計の出方は週によってあるいは開催日によって異なる。1週目は速い時計が出やすい馬場、2週目は一転して時計が掛かり、先週は土曜の方が日曜より時計が出やすいコンディションだった。
金曜に降った雨の影響を大きく受けた土曜日は時計の出方は速かったが、日曜は同じ稍重でも時計の出方は鈍った。脚質的には1000mだと先行馬が圧倒的に有利で、1700mだとペースによっては差し馬が届く状況だった。要するに先々週までと大きく変わらなかったという事で、言い換えればいつもの小倉と一緒という事。
馬場差一覧

■タイム分析
2010-12-18  芝=+0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
3R T1200 コウエイキング    牡2 未勝利 1:09.7 +0.3 +0.2   C C
7R T2600 ドリームセーリング    牡3 500万下 2:41.4 +1.6 +0.8   D C
9R T1800 セイクリッドセブン    牡3 500万下 1:47.9 +0.8 +0.6   D C
10R T1200 スギノエンデバー    牡2 つわぶき500 1:09.0 +0.2 +0.1   C E
12R T2000 エーブチェアマン    牡3 志賀島特500 2:00.4 +0.5 +0.3   C B

2010-12-18  ダ=-0.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1000 バライロー    牝2 未勝利・牝 0:59.4 -0.3 ±0   C E
2R D1700 タガノジョーカー    牝3 500万下・牝 1:46.6 +1.2 +1.7   E D
4R D1000 アシュア    牡3 500万下 0:58.5 -0.2 +0.1   C D
5R D1700 ナミダガキラリ    牝5 500万下 1:45.3 -0.1 +0.4   D D
6R D1000 プリティガール    牝3 500万下・牝 0:58.9 +0.2 +0.5   D D
8R D1700 エリモアラルマ    牡4 500万下 1:44.4 -1.0 -0.5   B C
11R D1700 メダリアビート    牡4 豊明特別1000 1:43.8 -0.8 -0.3   C D

         

■ワンポイントアドバイス
田辺裕信騎手
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。