Victory Road

アダルト動画

2010-12-26
2010年5回中山8日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒5、日曜がマイナス0秒6だった。まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、開幕週は速い時計の出るコンディションで、その後大まかな流れとしては開催が進むほど水準レベルへと近づいていった。
土曜の方が雨の影響が残って、日曜は幾分乾いたため。ただ、大筋としては開催が進むほどに掛かっていったという解釈で良いと思う。なお、実質的に連続開催となる年明け1回目の開催ではCコースが使用される。
ダート
先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒3、日曜がマイナス0秒2。1200m対象の数値は、土曜がマイナス0秒2、日曜がマイナス0秒1だった。まずここまで8日間の馬場差を振り返っておく。1800mはマイナスの馬場差になる日と、プラスの馬場差になる日があり、プラスの馬場差の日は全てプラス0秒5だった。1200mは全てマイナスの馬場差だったが、特に1週目が速い時計の出るコンディションだった。
マイナスと言っても水準に近いコンディションでしたから、それよりも先週は1800mと1200mで時計の出方がそう変わらなかった。ほぼ比例していたと言って良い。中山のダートの場合こういう数値になる事が、むしろ珍しくなって来ている。
馬場差一覧

■タイム分析
2010-12-26  芝=-0.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
3R T1800 インナージョイ    牡2 未勝利 1:50.3 +0.3   C B
4R T1600 ロジハーツ    牡2 新馬 1:38.4 +1.9   S D
7R T2000 ベルシャザール    牡2 ホープフ 2:00.4 -1.3 A D
8R T2500 ドリームゴスペル    牡3 グッドH1000 2:34.8 +0.3   C C
10R T2500 ヴィクトワールピサ    牡3 有馬記念G1 2:32.6 -0.2   C A
11R T1200 セイコーライコウ    牡3 ハッピー1000 1:09.0 +0.2   D D

2010-12-26  ダ=-0.2 / 1200m=-0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1200 キンショーユウジャ    牡2 未勝利 1:12.4 -0.6   B C
2R D1800 ヴァルディヴィア    牡2 未勝利 1:56.0 +0.2   D C
5R D1800 トップキングダム    牡4 500万下 1:53.7 -0.3   C B
6R D1200 グローリールピナス    牝4 1000万下 1:11.8 +0.5   D D
9R D1800 ピサノエミレーツ    牡5 フェアウ1600 1:52.3 -0.1   C C

         

■ワンポイントアドバイス
横山典弘騎手リーディングジョッキーに
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。