Victory Road

DMM.make DISPLAY

2011/01/16 (日)
2011年1回中山6日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は、土日共にマイナス0秒7だった。ここまで8日間の馬場差を振り返ると、暮れの最終週はマイナス0秒5、マイナス0秒6。今年になってマイナス0秒8、4日目以降がマイナス0秒7と大きな動きはない。
先週に関しては雪がポイントだが、日曜の朝に雪が降ったが溶ける前に除雪したので、溶けた水分が染みこむという事はなくて、従って馬場差は土日同一だった。そして土日とも4日目と同じ数値だが、4日目は直線向かい風の影響もあった数値。という事はつまり、馬場そのものは4日目よりも時計の掛かる状態になって来た。っと言っても少しだが、内側が傷んで来た様で前半4日間に比べれば外を通る差し馬が届く事が多くなった。ちなみに逃げ切りは日曜7R1200mだけだった。
ダート
先週の馬場差1800m対象の数値は土日共にプラス0秒8、1200m対象の数値は土日ともにプラスマイナスゼロだった。まずここまで8日間の馬場差を振り返っておこう。1800mについては4日目以降時計のかかる馬場コンディションとなっている。一方1200mは4日目については、やや掛かっているもののほぼ水準レベルで推移している。
中間雨は全く降っていないが、木曜と金曜日に水をまいている。かなり乾燥していた4日目と比べると含水率は上がっていたはずだが、それでも乾いた状態。4日目は直線向かい風の影響を含んだ数値なので、4日目と比べて5日目・6日目の含水率が大幅にアップしていたという訳ではないはず。1800mに関しては前半3日間と比べると時計の掛かる状態だった。1200mは前半3日間と同じ程度の数値に戻り、水準級の馬場だった。こちらも日曜朝の雪だが、すぐに除雪したので溶けた水分が染みこむ事無く、従って1200m・1800m共に土日共に同一の数値だった。1200mは水準級の馬場とは言え、スピード型が活躍。牡馬混合戦で牝馬が2勝。未勝利戦では芝で抗争歴のある馬が2勝している。1800m、土曜日だが中団より後ろから差して連対したのは2頭だけ。それも5馬身差の2着とタイムランクEの勝ち馬、前も後ろも一緒にバテるという馬場なので、ちょっと差しにくい。
馬場差一覧

■タイム分析
2011-01-16  芝=-0.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
6R T2000 ニシノキミヨ    牝3 新馬 2:07.0 +3.5   S B
7R T1200 ニシノステディー    牝3 500万下 1:08.7 -0.8 B D
10R T1800 ブルーミングアレー    牝4 初富士H1600 1:47.7 +0.5   E C
11R T2000 フェイトフルウォー    牡3 京成杯G3 2:00.9 -0.8   C C
12R T1200 トップオブピーコイ    牡5 1000万下 1:08.9 +0.1   D C

2011-01-16  ダ=+0.8 / 1200m=±0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1200 シグナルストーン    牝3 未勝利・牝 1:13.3 +0.3   D D
2R D1800 サルジュ    牡3 未勝利 1:56.8 +1.1   C D
3R D1800 バトルヴァイヤマン    牡3 未勝利 1:57.8 +2.1   E E
5R D1800 ケイジーシオン    牝3 新馬・牝 1:58.1 +2.1   E C
8R D1200 トウカイレジーナ    牝4 500万下 1:12.3 +0.4   D D
9R D1800 ガンマーバースト    牡4 初凪賞H1000 1:53.5 +0.3   B C

         

■ワンポイントアドバイス
平場の関西馬
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。