Victory Road

DMM.make DISPLAY

2011/01/30 (日)
2011年1回小倉4日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜日がマイナス0秒4、日曜日がマイナス0秒2だった。まずはここまで8日間の芝の馬場差を振り返っておくと、3回開催後半はプラスの馬場差だったが、今開催初日はマイナス0秒6でスタートし、その後も極端に掛かることはなくマイナスの馬場差ではある。
先週は開催中止すら危ぶまれて雪だった。それが最大の敵とも言えた小倉だが、馬場差が示すとおり無事にと言うかマイナスの馬場差で競馬が行われた。しかも実況にもたびたび入っていた様に、風が強かった中でこの数値。1週目からの傷みの進行度合いという点では案外軽かったのかもしれないが…。土曜より日曜の方が時計が掛かるというパターンはローカルではありがち。土日通しての時系列的な傾向の変化というのには、そろそろ注意して臨みたい。
ダート
先週の馬場差1700m対象の数値は土曜日がプラス0秒9、日曜日がプラス1秒7だった。今開催に入ってからは、4日間ともプラスの馬場差で時計が掛かるコンディション。特に4日目はかなり掛かっていた。
強風の影響と言うのはダートでは特に大きくなりやすい。先週の場合は土日でも影響度の違いがかなりあった事に注意したい。
馬場差一覧

■タイム分析
2011-01-30  芝=-0.2
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
3R T2000 ノーティカルスター    牡3 未勝利 2:01.8 +0.3   C E
4R T1200 エーシンプリーマ    牝3 新馬 1:09.4 -0.2   C C
7R T2600 テーオーストーム    牡5 500万下 2:43.2 +3.4   S C
9R T1200 ニシノツインクル    牝4 500万下 1:08.6 +0.1   C D
11R T1200 ストロングポイント    牡5 帆柱山H1000 1:08.2 +0.1   C E
12R T1800 エスピナアスール    牝4 遠賀川特500 1:47.7 +0.6   D C

2011-01-30  ダ=+1.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1700 ノーザンソング    牝3 未勝利・牝 1:50.2 +3.1   E D
2R D1000 ヨイチサークル    牡3 未勝利 1:01.1 +1.7   E E
5R D1700 フェイズシフト    牝5 500万下・牝 1:48.7 +3.3   E D
6R D1000 ギガワット    牡4 500万下 1:00.2 +1.7   E D
8R D1700 メイショウボヌス    牝4 500万下 1:48.4 +3.0   E D
10R D1700 ウルトラカイザー    牡3 くすのき500 1:47.7 +1.5   C D

         

■ワンポイントアドバイス
中館騎手、快調!
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。