Victory Road

アダルト動画

2011/01/30 (日)
2011年2回京都2日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日共にプラスマイナスゼロだった。連続開催なのでまずここまで8日間の馬場差を振り返っておく。冬場の開催とあって、速い時計の出るコンディションではないが、かと言って時計が掛かるという程でもない。
先週からBコースに替わったため、先々週と比べると時計は出やすくなった。とは言え、時計の出方としては大きな動きとも言えない。
時計の出方よりも強調すべきはコース取りの変化。コース替わり最初の週ながら、内が有利という事はなく、むしろ差し馬や外を回った馬の上位進出が目についた。中団・後方に位置していた馬が連対しなかったのは土曜9Rだけ。そしてこの土曜9Rで差し馬が絡めなかったのは、中盤相当に遅いペースの2400m戦だったためだと思う。この開催は全てBコースを使用する。
ダート
先週の馬場差1800m対象の数値は土曜日がプラス0秒8、日曜日がプラス0秒9だった。まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、1回開催4日目からは時計の掛かるコンディションが続いている。特に6日目はかなり時計が掛かっていた。
(※解説者コメントなし)
馬場差一覧

■タイム分析
2011-01-30  芝=±0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
5R T2000 リヴェレンテ    牡3 新馬 2:05.3 +2.8   S C
9R T1800 ダノンスパシーバ    牡4 春日特別1000 1:48.4 +1.7   D B
10R T2400 キタサンアミーゴ    牡5 松籟SH1600 2:24.9 -0.5   B B
11R T1600 ショウリュウムーン    牝4 京都牝馬G3 1:33.7 +1.0   D C

2011-01-30  ダ=+0.9
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1200 キョウワダッフィー    牡3 未勝利 1:13.5 +0.5   C D
2R D1800 スカイスクレイパー    牡3 未勝利 1:56.3 +2.0   E E
3R D1400 デンコウリョウ    牡3 未勝利 1:28.2 +2.3   E C
6R D1400 ノーザンリバー    牡3 500万下 1:26.1 +1.0   D C
7R D1200 チャームドリーム    牝5 500万下・牝 1:14.5 +2.6   E D
8R D1800 オリエンタルコール    牡4 500万下 1:54.8 +2.2   D C
12R D1400 インペリアルマーチ    牡4 1000万下 1:23.8 ±0 B C

         

■ワンポイントアドバイス
そろそろ福は外
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。