Victory Road

ギャルのサンプル動画が見放題!

2011/02/06 (日)
2011年2回京都4日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日共にマイナス0秒1だった。まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、前開催後半はプラスの馬場差だったが、この開催に入ってBコースに変わり、やや時計は出やすくなっている。
使い込まれても時計が掛かることはなく、先週は再びマイナスゾーンに入った。また、先週も外を通った馬の伸びは目立ったが、差し馬が有利だったという事はなかった。先行馬にしても4コーナーで内を空けて直線に入っていくという形もあった。結果的に日曜の7R以降は全て逃げ馬が連対している。
ダート
先週の馬場差1800m対象の数値は土日共にプラス0秒7だった。まずここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、全てプラスの馬場差。前開催6日目はかなり時計が掛かっていた。先週は先々週に比べると水準に近づいたが、時計が掛かることに変わりはない。
馬場差一覧

■タイム分析
2011-02-06  芝=-0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
5R T1600 ダズリングワールド    牝3 未勝利・牝 1:35.4 -0.1 ±0   C C
7R T1600 マックスドリーム    牡4 500万下 1:35.1 +0.6 ±0   C B
9R T1400 クロワラモー    牝4 宇治川H1000 1:21.5 +0.2 ±0   C C
11R T1800 トーセンラー    牡3 きさらぎG3 1:47.6 +0.2 ±0 C C

2011-02-06  ダ=+0.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1200 マッキンリー    牡3 未勝利 1:13.7 +0.7 +0.2   C D
2R D1800 ピエナオリオン    牡3 未勝利 1:55.5 +1.2 +0.5   D D
3R D1200 ヒカリノーブル    牝3 新馬・牝 1:15.2 +2.0 +1.5   E D
6R D1800 グレープブランデー    牡3 500万下 1:53.4 ±0 -0.7   B D
8R D1400 メイショウデイム    牝4 1000万下・牝 1:24.8 +1.0 +0.5   D D
10R D1200 トーホウチェイサー    牡4 橿原SH1600 1:11.7 +1.0 +0.5   D C
12R D1800 キラウエア    牡4 1000万下 1:54.1 +2.3 +0.7   D D

         

■ワンポイントアドバイス
スローペースに関連して
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。