Victory Road

アダルト 期間限定セール(毎週作品更新)

2011/02/14 (月)
2011年1回小倉7日目

■馬場コメント
小倉は土曜日、3Rが終わった時点で雪のため中止となり、月曜日に続行競馬として行われた。最終週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がプラス0秒8、日曜がプラス1秒7、月曜がプラス1秒9からプラス3秒1へと変動した。まずは9日間の芝の馬場差を振り返っておくと、初日マイナス0秒6でスタートした後、2日目から6日目までは大きな動きはなかったが、先週は雪や雨の影響で時計が掛かった。
まず土曜日については、芝・ダートともレース数が少ないですから馬場差の精度も通常ほどに高くはない点をご了承ください。それを踏まえていただいた上での解説となるが、土曜時点で6日目までとは違って時計の掛かるコンディションとなった。つまり中止する前の土曜前半でも馬場は重くなっていた。程度の差はあるが、先週は道悪競馬への対応が最大の焦点だった。なお、土曜の馬場差プラス0秒8は2000m対象に換算した場合の馬場差。芝では1鞍しか行われておらず、この3R芝1200mの馬場差としてはプラス0秒5となる。そして日曜・月曜と雪や雨の影響でさらに時計が掛かって行った。日曜は終日同じ数値だが、月曜はレース中の雨で後のレースになるほど一層時計の掛かるコンディションだった。芝1200mの映像を比較して見ると、4コーナーのコース取りはかなり違っていた。(月曜の方が外を回っていた)月曜日はさらに再び雨が降って、外差し馬場となり、開催が終了した。ただ、時間帯によっては逃げ・先行馬が4コーナーで内を空けて回って来て、マクってくる差し馬は相対的に距離損が増えるというパターンも見られた。そして、小倉は今週は開催がないが、来週から早くも2回開催が始まる。2回開催では4週ともCコースが使用される。
ダート
先週の馬場差1700m対象の数値は土曜がマイナス0秒8、日曜がマイナス1秒4、月曜がマイナス1秒4からマイナス1秒0へと変動した。こちらもまずはここまで9日間の馬場差を振り返っておくと、6日目までは時計の掛かるコンディションで、特に4日目は掛かっていたが先週は雪や雨の影響で速い時計が出やすくなった。
土曜時点で3週目までと比較すれば、2秒近く速くなっている。さらに日曜・月曜とマイナス1秒台のかなり速い時計の出るコンディションだった。ただ、月曜は11R時点では脚抜きの良いレベルを通り越して8Rまでと比べればやや掛かっていたと見ている。勝ち馬の傾向では、この開催で最も後方待機の馬が活躍した。何度も触れている様に、道悪競馬イコール前残りは迷信。
馬場差一覧

■タイム分析
2011-02-14  芝=+1.9 → +3.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
4R T2000 エーシンミラージュ    牡3 未勝利 2:03.1 +1.6 -0.3   C B
7R T2600 ピエナファンタスト    牡5 500万下 2:43.3 +3.5 +0.5   D D
9R T2000 マイネルガヴロシュ    牡4 500万下 2:03.8 +3.9 +1.2   E C
10R T1200 アフォード    牡3 萌黄賞500 1:10.0 +1.2 -0.5 B D
12R T1200 テラノチェリー    セ6 小石原特500 1:10.2 +1.7 -0.2   C C

2011-02-14  ダ=-1.4 → -1.0
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
5R D1000 クルンプホルツ    牝6 500万下・牝 0:58.5 ±0 +0.8   E D
6R D1700 ルナキッズ    牡5 500万下 1:43.9 -1.5 -0.1   C C
8R D1700 スイングエンジン    牡5 500万下 1:44.2 -1.2 +0.2   C D
11R D1700 ビヨンドマックス    牡5 中京スポ1000 1:43.9 -0.7 +0.3   C D

         

■ワンポイントアドバイス
あのレースにも減量騎手が…
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。