Victory Road

DMM.make DISPLAY

2011/02/19 (土)
2011年2回京都7日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土日共にプラス1秒1だった。まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておく。連続開催の後半ながら前半2週はコースが替わったこともあり、水準レベルだったが、後半2週は雨・雪の影響を受け、時計が掛かって行った。
木曜・金曜にまとまった雨が降り、使用頻度・プラス水分によって土日とも時計を要した。なお、土曜は途中から馬場発表が変更されたものの、馬場差は1日を通したもの。
ダート
先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒5、日曜がプラス0秒1だった。まずはここまで8日間の馬場差を振り返っておくと、3週目まではプラスの馬場差が続き、時計が掛かっていたが、7日目つまり先週土曜はマイナスの馬場差。そして日曜は再びプラスの馬場差だった。
土曜日は前開催初日、つまり今年最初の開催日だった1/5以来のマイナスの馬場差で、8週間で最も速い時計の出やすいコンディションとなっていた。マイナス0秒5と言うことは、高速馬場と言える程のレベルではないが、前の週の日曜日と比較すれば、1秒5速くなっている訳ですからこの冬ではかなり時計が出やすかったと言える。日曜日は土曜と比べれば、時計が掛かっているが、それでも3週目までと比べれば、時計は出やすいレベルだった。
土曜日は1枠・2枠は全く連対しなくて日曜日は1枠が12Rで初めて連対した。京都のダートでは珍しい現象かと思う。ただ振り返ればこの1回開催・2回開催ダートで1枠の勝率って意外と低かった。
馬場差一覧

■タイム分析
2011-02-19  芝=+1.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
5R T1600 アストロロジー    牡3 未勝利 1:37.0 +1.5   D B
9R T1600 アルティシムス    牡3 こぶし賞500 1:35.1 +0.3   B B
11R T1200 カレンチャン    牝4 山城S1600 1:09.2 +0.9   C D
12R T1400 クレバーサンデー    牡4 1000万下 1:23.7 +2.4   E D

2011-02-19  ダ=-0.5
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1800 シーライフ    牝3 未勝利・牝 1:55.0 +0.7   E D
2R D1200 ニシオドリーム    牡3 未勝利 1:12.0 -1.0   A D
3R D1800 サウンドバスター    牡3 未勝利 1:56.2 +1.9   S E
4R D1800 マリブスター    牡3 新馬 1:56.0 +1.4   D C
6R D1400 アイアムアクトレス    牝3 500万下・牝 1:23.9 -1.2   A C
7R D1200 ピサノプリヴェ    牝5 500万下 1:11.5 -0.4   C D
8R D1900 ジーワンボーイ    牡4 500万下 2:00.2 +1.0   E E
10R D1800 ディアビリーヴ    牡4 大津特別1000 1:52.0 +0.2   D D

         

■ワンポイントアドバイス
超ハイペース経験のその後
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。