Victory Road

DMM.make DISPLAY

2011/03/06 (日)
2011年2回小倉4日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜日がプラス0秒7からマイナス0秒1へと変動。日曜日がプラス0秒5からプラス2秒6へと変動した。1回開催後半を含め、9日間の芝の馬場差を振り返っておくと1つの週でほとんど変化がなかったと言えるのは、前開催3週目だけで、それ以外の週は雨や雪の影響で同じ週でも、また同じ日でも時計の出方が異なる。時計の比較をする際には注意。
土曜は時計の掛かるコンディションでスタートして、後になるほど乾いて行って、12R時点ではほぼ水準。一方日曜は雨の降る中レースが行われて、芝で最初のレース、4R時点ではプラスの馬場差だった。後のレースになるほどさらに時計が掛かって行った。つまり一口に雨の影響を受けたと言っても、土曜は1日の中でも後になるほど、速くなって、日曜は遅くなっている。そして日曜の方が変動の幅が大きいという事になる。脚質的にはやっぱり先々週と比べると、外差しが届く様になっている。むしろ外差しが有利になって来たと見たい。内側の傷みは顕著。
ダート
先週の馬場差1700m対象の数値は土曜日がマイナス0秒8からマイナス0秒3へと変動。日曜日がマイナス0秒3からマイナス1秒6へと変動した。1回開催後半を含め、ここまで9日間の馬場差を振り返っておくと、前開催3週目とこの開催1週目は時計の掛かるコンディション。一方前開催4週目と先週はマイナスの馬場差だった。
土曜はマイナス0秒8と速めの時計が出やすいコンディションでスタートして、あとのレースの方が乾いて行って水準レベルに近づいて行った。ただ、日曜は雨の中レースが行われて、後のレースになるほど脚抜きが良くなって行った。芝とは逆で、日曜は時計が出やすくなっていた訳だが、日曜の方が変動の幅が大きい点は同じ。脚質的には目立った脚質傾向はなかった先々週とは一転して、脚抜きが良くなった影響もあって、前残りの傾向が非常に顕著だった。
馬場差一覧

■タイム分析
2011-03-06  芝=+0.5 → +2.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
4R T1200 ベストクローン    牝3 未勝利 1:09.8 +0.4   C E
5R T1800 シルクフラッシュ    牡3 未勝利 1:50.8 +2.3   E D
8R T2000 エメラルドミスト    牝6 500万下・牝 2:03.2 +3.3   E D
9R T1200 クレムリンシチー    牡4 500万下 1:10.3 +1.8   D C
11R T1200 リュンヌ    牝4 大濠特別1000 1:10.2 +2.1   E D
12R T1800 エーシンマイトップ    牡5 出水特別500 1:49.9 +2.8   D C

2011-03-06  ダ=-0.3 → -1.6
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1700 ルービンシュタイン    牡3 未勝利 1:49.3 +2.2   E E
2R D1000 シナトラソング    牡3 未勝利 0:58.8 -0.6   B D
3R D1700 モズハリケーン    牡3 未勝利 1:48.4 +1.3   E E
6R D1000 スズカローゼ    牝4 500万下・牝 0:58.8 +0.3   E D
7R D1700 トーセンディケム    牡5 500万下 1:46.2 +0.8   E D
10R D1700 ウインドミネーター    牡4 球磨特別500 1:43.5 -1.9 C C

         

■ワンポイントアドバイス
荒れ始めた芝
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。