Victory Road

アダルト動画

2011/03/06 (日)
2011年2回中山4日目

■馬場コメント
先週の芝の馬場差2000m対象の数値は土曜がマイナス0秒5、日曜がマイナス0秒7だった。ここまで4日間の馬場差を振り返っておくと、まずまず速い時計の出るレベルで安定している。
土曜の方が週前半の雨の影響が残っていたからで、日曜の方が乾いて1週目のレベルに戻った。
ダート
先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がマイナス0秒3、日曜がプラス0秒2。1200m対象の数値は土曜がマイナス0秒3、日曜がマイナス0秒1だった。まずはここまで4日間の馬場差を振り返っておく。1800m・1200mとも、開催日によって時計の出方が異なる。2日目が最も掛かり、3日目つまり先週土曜はやや時計が出やすくなっていた。
土曜は雨の影響が残ってて、この開催の中では時計が出やすくなっていたが、でも高速馬場と言う程ではない。あと1200mについては、先週逃げての連対が1頭もなかった。これは今年の中山では初めてのこと。
馬場差一覧

■タイム分析
2011-03-06  芝=-0.7
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
6R T2200 ルイーザシアター    牡3 未勝利 2:15.3 -1.1 -0.6   B B
8R T1600 ラインジェシカ    牝4 500万下 1:34.8 -0.2 +0.4   D C
9R T1800 モンテエン    牡4 富里特H1000 1:48.0 +0.1 +0.7   D D
11R T2000 サダムパテック    牡3 弥生賞G2 2:01.0 -0.5 -0.5   B C
12R T1200 デュアルプロセッサ    牡8 1000万下 1:08.6 -0.2 +0.2   C E

2011-03-06  ダ=+0.2 / 1200m=-0.1
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1200 ナムラストリーク    牝3 未勝利・牝 1:12.7 -0.2 -0.1   C D
2R D1800 アイティテイオー    牡3 未勝利 1:57.6 +2.0 +1.8   E D
3R D1200 アスパイヤリング    牡3 未勝利 1:13.0 +0.1 +0.2   C E
5R D1800 ホクシン    牡3 新馬 1:58.7 +2.8 +2.6   E D
7R D1800 ジャンナ    牡3 500万下 1:55.2 +0.5 +0.3   C D
10R D1200 ナムラカイシュウ    牡5 ブラッH1600 1:10.7 ±0 +0.1   C D

         

■ワンポイントアドバイス
変則ラップ
2回中山3日目5R。

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。