Victory Road

ギャルのサンプル動画が見放題!

2011/03/21 (月)
2011年1回阪神5日目

■馬場コメント
芝の馬場差2000m対象の数値は、土曜日曜がマイナス0秒7、月曜がプラス0秒9だった。開催3週目が取りやめとなり、先週は開催4週目だった。そして5日目のレースが月曜に代替として開催された。という事で、土曜が7日目・日曜が8日目・月曜が代替5日目となる。まずはここまで7日間の馬場差を振り返っておくと、2週目は1週目よりもやや時計が掛かり、水準レベルに近づいた。先週の土曜・日曜は速い時計の出るコンディションとなったが、月曜は雨の影響で時計が掛かった。
【土日】前半2週と同じAコースで行われたが、1週間競馬が無かったことで、幾分芝コンディションが回復した様で、時計の出方は速くなった。脚質的には差し馬が届く様になっていたのが、印象的。とは言っても、一気の追い込みで間に合うかと言えば、そこまで極端ではなくて基本的には先行馬が有利。ペースが速くなった時のみ差し馬も台頭していた。
【月】月曜は雨だった。今度は逆に一気に時計が掛かった。ただ、馬場差としては終日同じ。連対馬の脚質は後半ほど差しが届いていた。土曜・日曜の方でも触れたが、基本的には先行有利の馬場だと思う。
ダート
先週の馬場差1800m対象の数値は土曜がプラス0秒4、日曜がプラス0秒4からプラス0秒2へと変動、月曜がマイナス1秒8だった。まずここまで7日間の馬場差を振り返っておくと、3日目までは時計の掛かるコンディション。その後水準に近づいて行き、代替5日目の月曜日は一転してマイナスの馬場差となった。
【土日】土日総じて見ればやや時計の掛かるコンディションだった。ただ、日曜終盤、雨が降って12R時は若干水準に近づいた。脚質的には徐々に差しが届く様になった芝とは違って、圧倒的に先行馬が有利だった。
【月】降り続ける雨の影響を受けて、脚抜きが良くなって時計の出方が一気に速くなった。ただ、馬場差は終日同じ数字。土曜・日曜の方で圧倒的に先行有利と言ったが、雨が降った月曜になってもその状況は変わらずだった。実質差し馬同士で決着したのは、10RのポラリスSぐらいだった。
馬場差一覧

■タイム分析
2011-03-21  芝=+0.9
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
3R T1400 ダイヤモンドアスク    牝3 未勝利 1:23.1 +0.1   B C
5R T1800 アイヴィーリーグ    牡3 新馬 1:50.4 +1.5   C C
6R T1600 ウェザーサイド    牡5 500万下 1:36.2 +1.6   E C
9R T1400 スプリングサンダー    牝4 うずしお1600 1:21.9 +0.9   D B
11R T1400 フレンチカクタス    牝3 フィリーG2 1:22.3 +0.5   C D

2011-03-21  ダ=-1.8
R 距離 勝ち馬 2着 性齢 条件 走破T T差 完T差 WL TL ML
1R D1400 ホクセツダンス    牝3 未勝利・牝 1:25.3 -0.9   D C
2R D1200 ロイヤルサルート    牡3 未勝利 1:11.7 -1.6   B B
4R D1400 キクノキアラ    牝3 新馬 1:26.3 -0.1   E D
7R D1200 テイクアベット    牡3 500万下 1:10.6 -2.0   A D
10R D1400 ダイショウジェット    牡8 ポラリスH 1:22.1 -0.7   D C
12R D1200 チャンピオンラブ    牡5 1000万下 1:09.9 -1.8   B B

         

■ワンポイントアドバイス
穴は関東馬
後ほど

当サイトに掲載されている情報はその正確性を保証するものではありません。